F1 レッドブル マックス・フェルスタッペン
レッドブルのF1チーム代表クリスチャン・オーナーは、マックス・フェルスタッペンが“グリッドで最高のドライバー”だと考えている。

クルスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが若い年齢でF1に加わって以降、成熟したと考えている。また、前戦F1イギリスGPでセバスチャン・ベッテルに追突された後の対応で、ドライバーとしてだけでなく、人としても成長していることが示されたと考えている。

「あなたが純粋な状態を見れば、現時点でのドライバーとしてのマックスは人生で最高の状態にあり、グリッド上で間違いなく最高の状態にある。予選、グランプリでのレーススタート、タイヤマネイメント、レースクラフトでマシンからいかに引き出しているかがわかるはずだ」とクリスチャン・ホーナーは BBC にコメント。

「それに彼は深い思想家でもある。F1だけでなく、モータースポーツ全般で何が起こっているのかについて非常に多くのことを知っている。彼はこのスポーツの大ファンなんだ」

「彼は16歳という若さでF1に入った。より多くの経験を積み、年齢を重ねるつれて、見通し、物の見方、そして、変化していくのは当然のことだ」

レッドブルは、マックス・フェルスタッペンを長期的にチームに留めておくために安定してレース勝利を狙えるマシンを生み出すことに尽力している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | マックス・フェルスタッペン