F1 レッドブル ホンダF1
レッドブルは、ホンダF1がシーズン後半にさらなるパフォーマンス向上を果たすことを期待している。

2019年からレッドブルはホンダF1と新たなパートナーシップをスタート。10戦を終えた時点でF1オーストリアGPでのマックス・フェルスタッペンの優勝を含め、3回の表彰台を獲得している。

ホンダは、第4戦アゼルバイジャンGPで“スペック2”、第8戦フランスGPで“スペック3”と早いペースでアップグレードを投入。レッドブル・ホンダはエンジンパワーが必要な前戦イギリスGPでもフェラーリ勢と互角の戦いをするなど着実に戦闘力を上げてきている。

ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治は「昨年の初レースと比較して新スペックの出発点はそれほど悪くありませんでした」とコメント。

「それは昨年から多くのことを学んだこと、そして、最初の走行からキャリブレーションの質が向上したことを意味しています。まだレース後にコース上で学ぶべるエリアがあります」

「プラクティスでの状況や実際のレース状況で、パフォーマンスを向上させることができる小さなこと学ぶことができました。フランス、オーストリア、イギリスで、我々は改善を果たしています」

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ここまでのホンダF1との結果には満足しているものの、シーズン後半にむけてホンダのF1がさらにパフォーマンスを向上させることを期待していると語る。

「2019年が新しいエンジンパートナーとの婚と統合の全体的な移行期になることはあらかじめわかっていた」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「9戦目で我々は勝利を達成し、我々は何度か表彰台を獲得している。現時点では、内部の期待を超えている」

すでにホンダのF1エンジンを搭載するレッドブルとトロロッソの4台は年間のパワーユニットコンポーネントの使用するで上限に達しているが、クリスチャン・ホーナーはベルギーGPもしくはイタリアGPで導入するとされる次のアップグレード - スペック4 - でさらなる進歩を期待していると語る。

「信頼性は強力だ。まだ3つのエンジンすべてをドライバーごとに使用できる。彼らはパフォーマンスの向上に基づいて新しいエンジンを導入してきた」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々は、今年下半期にさらに多くのことをプッシュしている。それらは進行中だ。今、彼らは成功を味わっている。彼らは成功がもたらす利益を見ている。彼らの困難なF1復帰の後、勝利は彼らが必要とした強壮剤だった」

F1イギリスGPでは、マックス・フェルスタッペンが、予選でポールポジションを獲得したメルセデスのバルテリ・ボッタスの0.183秒以内につけた。

「シルバーストーンのパフォーマンスを受け、我は自信をもってホッケンハイムに臨める」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「ここはモンツァについてカレンダーで最もパワーセンシティブなサーキットのひとつであり、ラップのほぼ全体で全開で走行する。ホッケンハイムのようなここよりもパワーセンシティブではないトラックでは確実に我々にとって心強いことだ。ハンガリーは我々が常に好パフォーマンスを発揮してきたトラックだ。そこでも強力なマシンであることを期待している」

「まだ見い出すことができるタイムはあると思っているが、彼らは良い仕事をしているし、間違いなくギャップを縮めている。その時点でたどり着くには多くのレースをしなければならない。新しいエンジンが導入されるとすれば、それはスパとモンツァの前後になるだろう。モンツァは歴史的にエンジンペナルティを受けるのに適した場所だ」

田辺豊治は、現在の課題として予選でのパフォーマンスを上げている。

「他と比較して予選ではギャップは大きいと思っています。レースでもまだ遅れを取っていますが、予選ほどではありません」と田辺豊治はコメント。

「なので、我々が追いつく必要がある次のステップは予選モードということになります」

田辺豊治は、シルバーストーンでメルセデスとフェラーリのペースに近づけたことに驚いてはいるが、レッドブル・ホンダのパッケージはメルセデスからそこまで離されてはいないことを示唆している可能性があると述べた。

「そうかもしれません。ですが、どのコーナーやストレートでもっと良いラップタイムやスピードを発揮できたかを理解する必要があります」と田辺豊治は Autosport にコメント。

「そうすれば、ここで何が良かったのか、何が悪かったのか、過去7~8戦でどの部分が遅れをとっていたのかを分析できるかもしれません」

「簡単に語れることではありません。これまでのレースと比較してギャップは縮まっているように見えます。レースだけでなく、予選でもそうです。ですが、まだ簡単に答えは出せていません」

スペインの AS は、ホンダF1の“スペック4”エンジンが25馬力アップを果たし、メルセデスのパワーに匹敵することになると報じている。

「その数値はホンダはブリックスワースで製造されたメルセデスのエンジンのパフォーマンスに到達するという最大の目標に合致するものになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1