F1 レッドブル マックス・フェルスタッペン
レッドブルのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、F1オーストリアGPでマックス・フェルスタッペンのマシンにのみアップグレーッドを投入していたことを認めた。

マックス・フェルスタッペンは、F1オーストリアGPの予選で3番グリッドを獲得。2番グリッドからスタートした決勝ではオープニングラップで順位を落としも、そこからセンセーショナルが逆転優勝を果たした。

チームメイトのピエール・ガスリーは、予選を9番手、決勝では周回遅れの7位と完全にマックス・フェルスタッペンの影に隠れた週末となった。

一部報道では、マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPまでに勝利を挙げることができなければ、レッドブルとの契約を解消できるパフォーマンス条項が持ち込まれているとされており、レッドブルのモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコ、そして、フェルスタッペンのマネージャーもその存在を認めていた。

エイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンのRB15には新しいフロントウイングを含めた多数の新しいパーツが搭載されていたことを明らかにし、レッドブル・リンクでの際立ったパフォーマンスはそのアップデートによるものであることを示唆した。

「我々はフランス後に再びアップグレードを見直した」とエイドリアン・ニューウェイはコメント。

「クルマを良くみてみてほしい。新しいパーツはすべてマックスのクルマにだけにしか搭載されていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン