F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンは再びチャンピオンシップを獲得するために“欠けていた要素”だったと語る。

レッドブル・レーシングは、V8エンジン時代だった2010年から2013年までドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の両方を4連覇したが、V6ターボハイブリッド時代に入ってからはチャンピオンシップ争いから遠ざかっており、ルノーとのパートナーシップ解消に繋がった。

ホンダは、2018年にレッドブルの姉妹チームであるトロロッソと大幅な改善を遂げ、レッドブル・レーシングは再びタイトルを獲得するべくホンダのワークスパートナーシップを結ぶことを決断した。

クリスチャン・ホーナーは「チームとして取り組むことが最も重要だと思っている」とコメント。

「我々は1つのチームとして50回以上のグランプリ勝利と8つの世界選手権を達成した」

「過去5年間で欠けていたのはパワーユニットだあった。我々はホンダとのこの新しい関係によって、その欠けていたものが利用可能になったと信じている」

「パートナーシップが開始して以降、チームとして集合的に働いているし、将来のためにチャンスは大きくなっていると思う」

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史とレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2017年にシルバーストン・サーキット近郊のマクドナルドで最初の密談を行ったことを明らかにしている。

クリスチャン・ホーナーは「仕事に向かうためにい彼らが会ったマクドナルドの前を毎日通り過ぎている。イギリスにはハッピーセットがあるが、我々が5レースに勝つことができたら、彼らはハッピーミールの名前をレッドブル・ホンダ・セットに変えた方がいいと思うね!」と冗談交じりにコメント。

「関係のスタートは素晴らしいものだった。我々はホンダの同僚と一緒に仕事をすることをとても楽しんでいる。プロダクトは素晴らしいし、野心とコミットメントもある。我々は本当に興奮している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1