F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・ホンダは、2019年のF1世界選手権でワールドチャンピオンに挑戦する準備ができていると考えている。

F1バルセロナテストは2日間を終えたが、タイムシートではフェラーリがメルセデスよりも0.5秒早くリードしている。だが、その2チームの間にレッドブル・ホンダが入っている。

レッドブル・レーシングの新たなワークスパートナーであるホンダは特に称賛を受けてる。

「信頼性を大幅に向上させると同時にパフォーマンスを向上させることができました」とホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は SpeedWeek にコメント。

田辺豊治は、2019年に勝利を収めることが目標だと認めた。

「だが、それがF1であろうと他のシリーズであろうと、我々のゴールを常に勝つことです」と田辺豊治はコメント。

「我々の目標は、両チームともに昨年よりも良い結果を達成することです。」

レッドブル・レーシングの上層部はホンダの新しいエンジンを高く評価しており、チーム代表のクリスチャン・ホーナーはホンダのF1エンジンはルノーノカスタマーエンジンよりも“明らかに優れている”と認めている。

レッドブル・レーシングのモータスポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「現時点ではフェラーリが我々の前にいるようだが、タイムについては心配していない」とヘルムート・マルコは Auto Bild にコメント。

「我々はメルセデスの前にいる」

F1バルセロナテストでは、レッドブル・RB15はホンダのF1エンジンは過度なバイブレーションに苦しんでいるとの噂が広まっている。

しかし、ヘルムート・マルコは「我々は完全に満足している」と語る。

「パッケージは期待通りに機能する」

ヘルムート・マルコは「完全に期待通りだ。クルマは我々が予想した通りに機能しているし、ホンダのF1エンジンはロケットだ」

「ピエール・ガスリーは、エンジンは昨年よりも優れていると言っている。マックスもホンダのF1エンジンを高く評価している。彼は良い多くのパワーを感じている」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングは単にフェラーリのフロントウィングのデザインをコピーすることは考えていないと述べた。

「我々にとって最も機能するのは我々が持っているものだ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「フェラーリのコンセプトを見たが、我々のシミュレーションでは我々のウイングの方がより多くのポテンシャルを持っていると出ている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1