F1 レッドブル・レーシング マックス・フェルスタッペン
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとセバスチャン・ベッテルが同じチームに所属すればうまくいくことはないだろうと考えている。

セバスチャン・ベッテルはここ数年フェラーリで最高のシーズンを過ごしているとは言えば、昨年にはチーム内で孤立しており、2019年末でチームを離脱する可能性があるとも報じられている。

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンはグリッドでベストドライバーの二人ではあるが、実際に同じチームで組んだとして“ドリームチーム”として機能することはないだろうと語る。

「彼らのクオリティに基づけば素晴らしいコンビになるだろうが、それは賢明なこととは思わない」とヘルムート・マルコは Motorsport-Total.com にコメント。

「私は落ち着いてガレージに立つことができないだろう。お互いを怒らせるのではなく、お互いを最大限に生かせるドライバーが欲しい。リカルドとは常に良い対決をしていたが、ベッテルとフェルスタッペンが良いデュオになるとは思わない」

かつてのレッドブルのジュニアドライバーであり、レッドブル・レーシング所属時に4回のワールドチャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテルとの絆について質問されたヘルムート・マルコは「もちろん、我々の絆は素晴らしいものだ」とコメント。

「彼はここで素晴らしい成果を挙げ、レッドブルに大きな成功をもたらした。我々は彼に支給しなくても彼はまだレッドブル缶を持って歩きまわっているよ」

セバスチャン・ベッテルはフェラーリと2020年まで契約を結んでいるが、契約条項には2019年に最高のクルマで勝つことができれば、契約を解消できるという離脱条項が含まれているとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | セバスチャン・ベッテル | マックス・フェルスタッペン