F1 ホンダF1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングは、ホンダと挑む初年度となる2019年のF1世界選手権でホンダのF1エンジンに信頼性トラブルが発生することを覚悟しているようだ。

ホンダは、トロロッソとともに挑んだ2018年のF1世界選手権で2度の大幅なアップグレードを導入。特に“スペック3”エンッジンは大幅なパフォーマンス向上を果たしたが、アップグレードを投入するたびにマイナーな信頼性トラブルが発生し、対策のためにパワーユニットコンポーネントの交換とグリッド降格ペナルティを余儀なくされた。

パワーユニットの交換には、2019年に向けた実験的な要因もあったが、それでも、チャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンやフェラーリ勢といったレッドブル・レーシングが倒さなければならないライバルたちは3基のパワーユニットの制限内でシーズンを終えており、パフォーマンスだけでなく、信頼性も重要な要因となってくる。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダF1との初年度となる2019年シーズンを3基のパワーユニットで乗り切ることはできないと考えており、競争力を発揮できるサーキットで着実に勝利を目指すことになるだろうと語る。

「我々は信頼性によって困難なシーズンになるかもしれないことを認識している。おそらく3基のエンジンでシーズンを乗り切ることはできないだろう」とヘルムート・マルコはコメント。

「だが、正しいトラックを選択すれば、数周でトップに戻ることができる。必要に応じて故意にペナルティを受け入れるというコンセプトになっていくだろう」

2019年にレッドブル・レーシングのリードドライバーとなるマックス・フェルスタッペンも、遅いエンジンよりも、例え故障することはあってもパワフルなエンジンを望んでいると語る。

「今年、ホンダはかなり良かったと思う。彼らは多くのエンジンを投入した。トロロッソは後方にいたので彼らはそうすることができた。でも、僕としてもレースに勝つためであれば、一貫して遅いよりもエンジンがブローした方がいいと思っている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「すべてがとても有望そうに見える。でも、僕は常に現実的でいようとしているし、とにかく待ってみなければならない。なにより、僕たちはまだ素晴らしいクルマを作っていく必要があるし、エンジンも信頼性が高くてパワフルでなければならない。そのレベルに達するとは思っているけど、まずは冬季テストをしてみてからだね」

ホンダの2019年F1エンジンについては心配な報道がなされている。ホンダの2019年F1エンジンは基本的に2017年に導入したコンセプトの進化版となるが、昨年も見舞われたオシレーション(共振)の問題は解決されておらず、パワーユニットのポテンシャルをフルに発揮できない状況が続いていると報じられている。

ホンダは、エンジンのスペシャリストであるマリオ・イリエンを迎えて解決に当たったが、問題は解消されず、また、共同作業を行っていたパワートレインエンジニアリング企業AVL(エイヴィエル)と担当者間でトラブルとなり、提携を解消したと報じられている。

しかし、ヘルムート・マルコは「そのために適切な対策を開始している」と問題解決にむけて楽観的な姿勢を見せている。

ホンダ側も、2019年にトロロッソに加えてレッドブルにF1パワーユニットを供給することは利点になると考えている。トロロッソの2019年F1マシン『STR14』は、レッドブルの2018年マシンがベースではあるものの、基本的にエンジン、ギアボックス、リアエンドが共通となる。そのため、2019年のF1エンジに問題が発生した場合、今年と同じようにトロロッソのマシンを用いて実験を行うことができる。

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は「大きなアドバンテージなると思います」とコメント。

「あるチームと別のチームとの間でコミュニケーションをとる必要はありませんし、完全に個別なものを要求されることもありません。我々はそのような状況ではありません。もちろん、彼らの設計はわずかに異なりますし、チーム毎に適応する必要はありますが、大きな仕様の変更ではありません」

2チームへの供給に利点について質問された田辺豊治は「理論的にデータは2倍になりますね」と語る。

「現場だけでなく、開発側もそうです。特に現場では(レッドブルの)異なるチーム、異なるマシン哲学、異なる作業方法になります。新しいチームからより多くの情報、より多くの知識を得ることができます。それは我々にとって大きな利点です」

レッドブル・レーシングは、2018年に4勝を挙げたが、それらはパワーユニットの性能が重要視されないサーキットが主だった。特に予選では、Q3で追加のパワーブーストを得るセッティング、いわゆる“パーティモード”を備えたメルセデスとフェラーリがルノーにはなく、パワーサーキットでは苦戦を強いられた。

しかし、ホンダの2019年型F1パワーユニットは“パーティモード”と同等のセッティングが可能になるとヘルムート・マルコは明かしている。

「パフォーマンスの向上に関しても、その数値は我々を本当に楽観的にしている。我々は初めて“パーティモード”で祝うこともできるだろう!」とヘルムート・マルコはコメント。

「ホンダのエンジンはすでにルノーのエンジンをわずかに上回っている。ホンダによって提供されたデータと我々のGPSデータを組み合わせれば、我々はメルセデスやフェラーリの領域に入ることになるだろう」

「もちろん、彼らだって眠っているわけではない。しかし、彼らはすでに非常に高いレベルになるし、もはやそのような飛躍を遂げることはできないだろう」

レッドブル・レーシングは、V8エンジン時代の2010年から2013年にダブルタイトルを4連覇しているが、当時もルノーのF1エンジンはパワー面では最強というわけではなく、シャシー側のパフォーマンスで補っていた部分が大きかった。

「たとえ我々が10~15kW(約15~20馬力)劣っていたとしても、ルノー時代の8気筒エンジンと違いはない。我々はそれを補うことができる」とヘルムート・マルコは語る。

「我々はスタート時点からBカテゴリーに属していた。我々は予選で70馬力不足していた」とヘルムート・マルコは語る。

「レーストラックによってはその数値は低くなるが、平均して我々は常に少なくとも40馬力は劣っていた。我々のGPSデータはストレートでどれくらい失っていたか、コーナーでどれくらい勝っていたかを示している。フェラーリのパワーがピークのときは、その差がさらに極端なものになっていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1