F1 レッドブル・レーシング エステバン・オコン
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、不必要な接触でマックス・フェルスタッペンの勝利を奪ったエステバン・オコンはレース後の体重測定の場で“突き飛ばされただけで済んでラッキー”だったと語った。

マックス・フェルスタッペンは、レースを快適にリードしていた44周目に周回遅れを取り戻そうとしたエステバン・オコンに接触されてスピン。

この接触でフロアに大きなダメージを負ったマックス・フェルスタッペンは、それでも2位表彰台を獲得したが、優勝したルイス・ハミルトンに1.5秒届かなかった。

レース直後の映像として、マックス・フェルスタッペンが体重測定の間にエステバン・オコンを何度も突き飛ばし、FIAスタッフが止めに入るシーンが公開された。

「マックスはかなり自制していたと思う。グランプリの勝利を犠牲にされたんだからね」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1 にコメント。

「彼は手負いのクルマで全力で走った。正直、エステバンは突き飛ばされただけで済んでラッキーだった」

「感情が高まっていたし、私は彼にクールダウンラップで自分自身をコントロールするよう伝えた」

「今日の彼は自分の過失ではないことで勝利を失った」

クリスチャン・ホーナーは、ターン1で遅れたエステバン・オコンが突進してきたことが理解できないと語る。

「先行マシンはフォースインディアを周回遅れにしていた。リーダーに周回遅れにされたクルマが干渉してはいけないのは明らかだ」

「一体全体オコンはあそこで何を考えていたのだろう。とにかく信じがたい。いったいなぜ彼はリーダーとレースをしたのか?」

「彼はラップダウンだったし、ペースがなかった。彼はあそこでインサイドにクルマを投げ出した。まったく意味のないことだ」

マックス・フェルスタッペンとエステバン・オコンの接触 (F1ブラジルGP)

関連:マックス・フェルスタッペン、接触のオコンに激怒して暴力行為

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | F1ブラジルGP | マックス・フェルスタッペン | エステバン・オコン