F1 ホンダF1 レッドブル・レーシング
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2019年にホンダのF1パワーユニットは、メルセデスやフェラーリとの差を“10kw”まで縮めることになると語る。

何年にもわたってルノーのカスタマーパワーユニットについて不満を繰り返してきたレッドブル・レーシングは、今シーズン限りでその12年間に及ぶパートナーシップを終了し、2019年からはワークスパートナーとしてホンダのF1パワーユニットを搭載する。

2019年は空力レギュレーションも変更になることもあり、ヘルムート・マルコは、2019年にホンダのF1パワーユニットでレッドブル・ホンダがタイトルを獲得するチャンスについて“非常に楽観的”であると語る。

「我々はすでに新しいウイングの数値を出しているし、それは非常に楽観的にさせてくれるものだ」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

ホンダは、2015年から2017年までのマクラーレン・ホンダ時代にパフォーマンスと信頼性に苦しんできた。しかし、レッドブルの姉妹チームであるトロロッソとの新たなパートナーシップを開始した今年は飛躍的な進歩を遂げている。

ホンダはF1ロシアGPで今シーズン2度目の大幅アップグレードとなる“スペック3”エンジンを投入。マシン全体としてのパッケージにはまだ調整が必要な状況であり、レースでは大きな結果を残せずにいるが、F1日本GPでは予選で2台揃ってQ3進出を果たしたことを含め、一発の速さでは好パフォーマンスを披露している。

ヘルムート・マルコは、ホンダのF1パワーユニットは、2019年にフェラーリとメルセデスに対して10kwまで差を縮められると考えていると語る。

「我々はホンダはフェラーリとメルセデスにわずか10kwまで追いつくと考えてる。我々はそれを優れたシャシーで補えると考えている」

実際、一部報道では、ホンダは“スペック3”パワーユニットで35馬力アップを果たしたとされており、1005馬力のフェラーリ、978馬力のメルセデスに対して、13馬力差となる965馬力を達成し、ルノーの950馬力を上回ったと報じられている。

先週末のF1メキシコGPでは、マックス・フェルスタッペンが前年に続いて勝利を挙げた。ヘルムート・マルコは、標高の高く、酸素の薄いアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス特性が、エンジンのパフォーマンスを同等化し、シャシーの性能を生かすことができたことで勝利のチャンスが生まれたと考えている。

「我々はずっとそう言い続けてきているが、誰もそれを信じたくはないようだ」

「ブラジルはまた我々にとって厳しいレースになるだろう。長い上りのストレートがあるからね。だが、アブダビで我々に何ができるか見てみよう」

「我々のクルマは現在とても速いように思う」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーもホンダとの見通しにを同じように楽観視している。

「月ごとに彼らはどんどん強くなっているし、彼らが現在サーキットに持ち込んでいるエンジンはフィールドの上位にどんどん近づいている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「当然ながら、まだ進めていかなければならない方法はいくつかあるが、日本から届けられている進歩とコミットメントを見ることは本当に励みになるものであり、それが2019年に成果を挙げることを期待している」

「まだ長い道のりではあるが、それはミルトンキーンズのファクトリー全体に本当にエネルギーを注いでおり、チーム全体に楽観的な感覚がある」

クリスチャン・ホーナーは、ホンダがメルセデスとフェラーリに対するパワー不足を埋めることができれば、レッドブルのシャシーの進歩はライバルチームのレベルに到達できると考えてる。

「レギュレーションがリセットされ、いくつかのチームが正しい結果を出し、いくつかのチームは間違った方向に進むだろう」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々は早い段階でそれを宣言できることを期待している。過去5年間の我々のアキレス腱はパワーの差だった。フェラーリとメルセデスとのその差を実際に縮めていくことができれば、我々は彼らと戦っていけるだけのチームとしての強さがあるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1