レッドブル・レーシング ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
レッドブルは、2019年にホンダのF1エンジンを搭載する可能性があることを認め、ホンダのF1での将来について“楽観視”していると語る。

レッドブルの姉妹チームであるトロ・ロッソは、2018年からホンダのF1パワーユニットを搭載するが、マクラーレンがホンダと不遇の3年間を過ごしたことを考えれば、レッドブルの選択を疑問視する声も挙がっている。

しかし、レッドブルのアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「我々はホンダと連絡を取り、我々自身も独自にリサーチを行った」と ORF にコメント。

「我々が学んだことから、我々は将来について楽観的な見解を持っている」

「マクラーレンがシンガポールで2台揃ってトップ10入りしたのを見ているし、我々は開発中のエンジンも確認している。我々は舞台裏で何が行われているかわかっている」

「ホンダには、財政的なポテンシャル、必要なインフラ、最新のテストリグを備えた近代的なファクトリー、F1への完全なコミットメント、そして、勝利へのパートナーシップがある」

「だが、我々は日本人のメンタリティにも対処しなければならない。もちろん、我々ヨーロッパ人とは少し異なるからね」

現在、レッドブルにF1エンジンを供給するルノーは、2018年をもって供給を終了することをレッドブルに伝えたとされている。

レッドブルは、2018年からアストンマーティンをタイトルスポンサーに迎えて『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することを発表したが、ヘルムート・マルコは将来にホンダとF1を戦う可能性があることを示唆した。

「アストンマーティンは財政的な協力であり、パワートレインとは関係ない」とヘルムート・マルコはコメント。

「今は、トロ・ロッソとホンダがどのように機能するかを見るのを楽しみにしている。2018年の9月には我々が2019年にどうしていくつもりかを言えると思う。トロ・ロッソとホンダがどれくらいうまく機能しているかを確認するにはそこが良いタイミングだ」

関連:【F1】 アストンマーティン・レッドブル・レーシングが誕生!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1