スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、トロ・ロッソとホンダが契約することなれば、レッドブルにとって将来のエンジンの選択肢を増やすことになると考えている。

現在、トロ・ロッソはルノーのパワーユニットを搭載しているが、2018年にはマクラーレンとエンジンを交換することになるとみられている。

ホンダは、マクラーレンとの契約が解消となり、トロ・ロッソと契約できなかった場合、F1で居場所を失うことになり、トロ・ロッソと交渉を進めているとされている。

先週末、F1イタリアGPが開催されたモンツァ・サーキットでは、マクラーレン、ホンダ、ルノー、トロ・ロッソ&レッドブルとの各当事者の間で数回のミーティングが開催された。

クリスチャン・ホーナーは、マクラーレンの決定が、そのドミノの動きを決めることになると考えている。

「我々のビジネスではないが、特定のことがうまく収まらなければならない」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports にコメント。

「マクラーレンとホンダと議論しているのは明らかだが、それは例えばトロ・ロッソに他の道を開くのか? マクラーレンとホンダが彼らのビジネスを解決するまで、それ以外のことは起こらな」

レッドブルは、ルノーのF1パワーユニットに満足しているとは言えば、クリスチャン・ホーナーは、トロ・ロッソとホンダが契約を結ぶことになれば、レッドブルに将来のエンジン供給の選択が与えられることになると考えている。

「我々にとって、それはかなり興味深いシナリオだ。オプションを提供することになるかもしれない」とクリスチャン・ホーナーはコメント。
「現時点では我々には選択肢はない。このビジネスでは常にいくつか利用できるオプションを持っていたいものだ」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルのBチームであるトロ・ロッソがエンジンを変更することは、2018年のレッドブルには影響しないと強調する。

「我々に直接的な影響はない。問題になるのはトロ・ロッソだ。彼らは、来年その道を進むことに決めた場合、パワーユニットに沿ってマシンとギアボックスを設計しなければならないからね」

「もはや日にち的にはかなり遅い。我々は非常に多くのことを打ち切っているのはそれが理由だ。マクラーレンが変更することになった場合、それは彼らにも当てはまると思う」

「ちょっとした椅子取りゲームのようなだ。とにかく音楽が止まるのを待っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | トロ・ロッソ | ホンダ