F1 バーレーンGP レッドブル
レッドブルは、F1バーレーンGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが5位、マックス・フェルスタッペンはブレーキ故障によりリタイアでレースを終えた。

ダニエル・リカルド (5位)
「僕にとって二等分のレースだった。レース序盤は本気で勝つチャンスがあると思っていた。そのスティントはとても競争的だったし、バルテリは苦しんでいた。僕は先頭集団の一番後ろを走っていて、前の人たちを見ることができた。彼らはスライドしていたし、彼らの方が苦戦しているようだった」

「僕はかなり楽にその位置にとどまっていたし、タイヤを労わっていた。その時点では今日はポディウムだけでなく、優勝も狙えるって思っていた。セーフティカーにも助けられて3番手にジャンプアップしたけど、タイヤがあまり良くなくて、大きく後退してしまった。自分たちのペースや周りの混乱が落ち着いた後もフロントとリアのグリップにずっと苦しんでいた。今日はどうしてもあのタイヤを使いこなすことができなかった」

マックス・フェルスタッペン (リタイア)
「良いスタートを切れたし、キミが少し出遅れていたので、すぐに彼を抜いた。そのあと、ターン1でアウトサイドからダニエルを抜き、良いポジションに着くことができた。その後も上位勢についていけたし、クルマはそのタイヤで本当にパフォーマンスを発揮していたし、ペースも良かった。2台のメルセデスをアンダーカットするためのピットストップしたのは正しい判断だったと思うけど、12周目にブレーキが壊れてレースは終わってしまった。このようなことも全部レースの一部だし、今日は確実にポジティブなこともあったと思う。クルマは過去2戦よりずっと良かったし、とにかく不運な結末だった。多くのポイントを獲得できたはずだからね」

関連:F1バーレーンGP 結果:セバスチャン・ベッテルが今季2勝目

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | F1バーレーンGP