レッドブル ディフューザー 合法性
レッドブルは、RB12に違法なディフゥーザーを搭載しているのではないかとの指摘に反論した。

シーズン中盤以降、レッドブルの勢いが増しており、夏休み前にコンストラクターズ選手権でフェラーリを逆転して2位に浮上。

前戦F1ベルギーGPではその差をさらに22ポイントに広げている。

F1ベルギーGP予選では、ルイス・ハミルトンがグリッド降格ペナルティーによって予選Q1敗退を選択したことがあったが、マックス・フェルスタッペンが初めてフロントローを獲得するパフォーマンスを見せていた。

今週末もロングストレートがあるモンツァでのF1イタリアGPを迎えることになる。

レッドブルではすでにメルセデスに照準を合わせているのではないかと質問されたダニエル・リカルドは「そうなるといいね」とコメント。

「僕は3戦連続で表彰台に上っているし、僕たちが攻勢に転じているのは確かだ」

しかし、Auto Bild は、ライバルチームが、レッドブルのディフューザーのデザインに問題があるようだと指摘していると報じている。

スパ・フランコルシャンで行われた金曜フリー走行では、レッドブルのディフューザーが垂直方向および水平方向にたわんでいる様子が国際映像でリプレイされていた。

Auto Bild は、フェラーリが、あるカメラマンに対し、レッドブルのディフューザーを“注意深く観察”するよう依頼していたと伝えている。

しかし、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「我々のクルマは完全に合法だ。そういう指摘は単なる中傷に過ぎない」と反論した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル