レッドブル
レッドブルのチーム代表エイドリアン・ニューウェイは、2017年に予定されるF1の規約改革が、エイドリアン・ニューウェイをフルタイムでF1に呼び戻すきっかけになると期待している。

エイドリアン・ニューウェイは、規約による制限が厳しくなったことに失望し、F1の第一線から退いた。

しかし、F1チームは今後数年でより早く、見た目の良いF1カーを作り出す動きをみせており、エイドリアン・ニューウェイを再考させる設計の自由が広がるチャンスがあるかもしれない。

クリスチャン・ホーナーは、エイドリアン・ニューウェイにはまだF1に対する大きな情熱があるし、彼の状態はまだオープンだと考えている。

大幅な規約の見直しによってエイドリアン・ニューウェイをひきつけることができるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「そうかもしれない。どう進んでいくかだ。だが彼にはまだ高いモチベーションがある。それはわかると思う」とコメント。

「なので、規約が変わり、もう少しオープンになり、より魅力的になれば、さらに関与したいという彼の欲求を刺激するかもしれない」

「彼は、キャリアと人生でいくつかの新しいチャレンジの見込みを楽しんでいるステージにいる」

「だが、本当は彼はまだレースだ。そして、F1に非常に熱心で、まだかなり競争的だ」

エイドリアン・ニューウェイは、先週のヘレステストに出席しており、再びエンジンがマシンパフォーマンスの優位な要因になっていることに不満を示した。

「F1は、ドライバー、シャシー、エンジンのブレンドであるべきだ」とエイドリアン・ニューウェイは述べた。

「現在の規約はあまりにエンジンに優位であり、シャシーのレギュレーションは非常に制限的だ」

「なので、エンジンメーカーが利益を得れば、シャシーメーカーがそれをひっくり返せるだけの差を生み出すのは難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル