レッドブルの2022年10月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレンF1代表 「レッドブルのF1予算上限違反ペナルティは甘い」

2022年10月31日
マクラーレンF1代表 「レッドブルのF1予算上限違反ペナルティは甘い」
マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、2021年のF1コストキャップのプロセスが成功裏に終わったことを歓迎しているが、レッドブル・レーシングのペナルティは十分に厳しいものではなかったと述べている。

金曜日、FIA(国際自動車連盟)は、レッドブルに700万ドル(約10億円)の罰金を科し、今後12か月間、空力テストの10%削減を言い渡した。一方、アストン マーティンは、手続き違反で45万ドル(約6630万円)の罰金を科された。

レッドブル・レーシング全体でSky Sports系列のF1放送への出演を拒否

2022年10月31日
レッドブル・レーシング全体でSky Sports系列のF1放送への出演を拒否
マックス・フェルスタッペンがF1メキシコGPの週末にSky Sports系列のチャンネルへの出演することを拒否した後、追って通知があるまでレッドブル・レーシング全体に拡大されたとRacingNews365.comは報じた。

2度のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、先週末のF1アメリカGPでレポーターのテッド・クラヴィッツがルイス・ハミルトンが2021年のタイトルを“盗まれた”とほのめかしたコメントをした後、英国のSky Sports F1 のインタビューに応じないことを決めた。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは別のレベルでレースをしている」

2022年10月31日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは別のレベルでレースをしている」 / F1 メキシコGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1メキシコGPの決勝を振り返った。

メキシコシティのエルマノス・ロドリゲス・サーキットでで行われたF1メキシコGP決勝でマックス・フェルスタッペンがまたも圧巻のレース運びを見せてシーズン14勝目を挙げた。セルジオ・ペレスも2シーズン連続の母国GP表彰台となる3位に入り、地元の大観衆を歓喜させた。

セルジオ・ペレス 母国で3位表彰台 「もっと良い結果出したかった」

2022年10月31日
セルジオ・ペレス 母国で3位表彰台 「もっと良い結果出したかった」 / F1 メキシコGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1メキシコGPで3位表彰台を獲得して地元の大観衆を歓喜させた。

オープニングラップで3番手に順位を上げたセルジオ・ペレスは、24周目、上位陣で最初にピットへ向かった。ミディアムタイヤへ交換したが左リアの装着に問題が起きてしまい、停止時間5.0秒でピットアウト。ルクレールの後方6番手でコースに合流した。

マックス・フェルスタッペン 「1年で14勝できるとは思っていなかった」

2022年10月31日
マックス・フェルスタッペン 「1年で14勝できるとは思っていなかった」 / F1 メキシコGP 決勝
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は印象的なリードでF1メキシコGPを圧勝した。

2回のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、タイヤを見事に管理し、エルマノス・ロドリゲス・サーキットで4回目のF1優勝を果たした。これ以降、マックス・フェルスタッペンは、F1シーズン最多勝利数となる通算14回、1シーズンでの最多ポイント数の記録も保持していく。

マックス・フェルスタッペン、Sky Sports系列のF1カメラへの出演を拒否

2022年10月31日
マックス・フェルスタッペン、Sky Sports系列のF1カメラへの出演を拒否
マックス・フェルスタッペンは、F1メキシコGPの週末にSky Sportsとその関連チャンネルのカメラに出演することを拒否している。

マックス・フェルスタッペンが英国を拠点とする Sky Sports とそのドイツとイタリアの関連会社への出演をボイコットしたのは、レポーターであるテッド・クラヴィッツが、先週のF1アメリカGP後にルイス・ハミルトンが 2021年のタイトルを奪われたとほのめかした後のことだ。

メルセデスF1首脳 「レッドブルの違反ペナルティへの反応は大袈裟」

2022年10月30日
メルセデスF1首脳 「レッドブルの違反ペナルティへの反応は大袈裟」
メルセデスF1チームのトラックサイドエンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、レッドブルのクリスチャン・ホーナーによる2023年の空力テスト時間の10%短縮が「膨大な」「過酷な」ペナルティであるという主張は「大袈裟」だと語る。

レッドブル・レーシングは、F1のコストキャップ規制に違反したことが発覚し、FIA(国際自動車連盟)と罰金700万ドルと風洞テスト時間を10%短縮することで合意した。

フェラーリF1首脳 「レッドブルの予算上限違反ペナルティは非常に限定的」

2022年10月30日
フェラーリF1首脳 「レッドブルの予算上限違反ペナルティは非常に限定的」
スクーデリア・フェラーリは、F1コストキャック違反に対するレッドブル・レーシングへののペナルティは「非常に限定的」だと説明し、FIA(国際自動車連盟)の裁定に満足していないと主張する。

金曜日、FIAはレッドブル・レーシングに700万ドルの罰金を科し、2023年の空力テスト時間が10%短縮するという罰食を科した。レッドブルはこの処罰に激怒し、「過酷」だと表現した。

レッドブルF1首脳 「空力開発時間の10%削減は競争上で大きな不利」

2022年10月30日
レッドブルF1首脳 「空力開発時間の10%削減は競争上で大きな不利」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1コストキャップ違反の空力開発時間の10%削減というペナルティによってチームは「競争上の大きな不利益」を被ると語った。

FIA(国際自動車連盟)はレッドブル・レーシングのF1コストキャップ違反の罰則を発表し、、罰金700万ドル(約10億円)と2023年の空力開発時間の10%削減を科した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム