レッドブルの2019年08月のF1情報を一覧表示します。

レッドブル 「フェルスタッペンの情熱が多くのファンに愛される所以」

2019年8月18日
F1 レッドブル マックス・フェルスタッペン
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがあらゆる年代の多くのF1ファンに愛されているのは、フェルスタッペンがレースで示した情熱によるものだと考えている。

近年、オレンジのTシャツを着たファンがスタンドを埋める光景はマックス・フェルスタッペンの人気の証明となっており、反対派さえも今後数年でフェルスタッペンがF1の頂点に立つドライバーであることを認めざるを得ない状況となっている。

レッドブル、F1オーストリアGPでピエール・ガスリーの降格を決断?

2019年8月18日
F1 ピエール・ガスリー レッドブル
レッドブルは、F1オーストリアGPでのパフォーマンスでピエール・ガスリーの降格を決断したと Mundo Deportivo が報じている。

F1オーストリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがレッドブル・ホンダにセンセーションあるな今季初勝利をもたらした一方で、ピエール・ガスリーは周回遅れの6位でレースを終えていた。

マックス・フェルスタッペン 「僕は21歳だし、まだ向上できる」

2019年8月18日
F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペンは、たった1年シングルシーターでレースを経験した後にF1に急速な昇進を果たしたことで、他のドライバーがキャリア序盤で犯すようなミスに繋がったと語る。

わずか5歳で始めたカートでのキャリアの成功を収め、父親による優れたメンタリングもあり、マックス・フェルスタッペンは2014年にシングルシーターに乗り換えました。

セバスチャン・ベッテル、2020年のレッドブル復帰の現実性は?

2019年8月18日
F1 セバスチャン・ベッテル レッドブル
セバスチャン・ベッテルが、2020年にフェラーリからレッドブルに復帰する可能性は現実として考えられることだと Sky F1 のマーク・ヒューズは主張している。

ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、マックス・フェルスタッペンといった主要ドライバーの契約は2020年末まで続くため、従来の常識では大物ドライバーの移籍は2021年まで起こらないと考えられている。

レッドブル 「ホンダのF1エンジンの進歩を過小評価していた」

2019年8月17日
F1 レッドブル ホンダF1
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今年ホンダのF1エンジンの進歩を過小評価してマシンを設計していたと語り、後半戦にレッドブル・ホンダはどのサーキットでも競争力を発揮できると自信をみせる。

今シーズン序盤、レッドブル・ホンダは開幕戦で表彰台を獲得したものの、メルセデスとフェラーリに対して遅れをとっていた。

ピエール・ガスリー、休暇中に電話でトロロッソ降格を告げられる

2019年8月17日
F1 ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、アレクサンダー・アルボンに代わってトロロッソに降格するというニュースを休暇中の場所に電話で知らされたという。

レッドブルは、F1が夏休みに入った8月12日(月)にピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンを起用することを発表した。

レッドブルのヘルムート・マルコ、スーパーフォーミュラ第5戦を視察

2019年8月17日
F1 レッドブル
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが来日し、スーパーフォーミュラの第5戦が開催されている栃木県のツインリンクもてぎを訪れている。

スーパーフォーミュラには、レッドブルの育成ドライバーであるパトリシオ・オワードがTEAM MUGEN、ルーカス・アウアーがB-Max Racing with motoparkから参戦している。

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンの起用に非難の声も

2019年8月17日
F1 レッドブル・ホンダ アレクサンダー・アルボン
F1ベルギーGPからピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンを起用するというレッドブルの決定に Sky Sports で評論家を務めるテッド・クラヴィッツは批判している。

テッド・クラヴィッツは、今年F1デビューを果たしたばかりのアレクサンダー・アルボンを昇格させるのは時期尚早だと考えており、レッドブルはピエール・ガスリーと同じ間違いを犯していると考えている。

レッドブル 「オーストリアGPの審議はレースの原則を覆す恐れがあった」

2019年8月17日
F1 レッドブル
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1オーストリアGPでマックス・フェルスタッペンにペナルティが科せられていた場合、“レースのあらゆる原則を覆す”恐れがあったと語る。

F1オーストリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがシャルル・ルクレールと接触しながらオーバーテイク。レース後、長時間にわたって審議され、最終的にスチュワードはレーシングインシデントとして処理し、フェルスタッペンの今季初勝利が確定した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム