ラルフ・シューマッハの2020年03月のF1情報を一覧表示します。

ラルフ・シューマッハ、F1ドライバーの給与カットを提案 / 新型コロナ危機

2020年3月31日
ラルフ・シューマッハ、F1ドライバーの給与カットを提案 / 新型コロナ危機
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、新型コロナウイルスによる財政的な問題からF1で働く従業員を守るために、F1ドライバーの給与カットを提案している。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、2020年のF1世界選手権はすでに序盤8戦の延期・中止が決定しており、収入減によって小規模チームの存続について懸念が持ち上がっている。

F1:ラルフ・シューマッハ 「このままではドイツのモータースポーツは死ぬ」

2020年3月16日
F1:ラルフ・シューマッハ 「このままではドイツのモータースポーツは死ぬ」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ドイツではゴーカートなどの若者のカテゴリーが“存在していない” とし、対策がすぐに取られなければ、ドイツでモータースポーツは“死ぬ”と考えている。

今世紀初頭、F1グリッドには多数のドイツ人が登場した。2010年にピークを迎え、ミハエル・シューマッハ、セバスチャン・ベッテル、ニコ・ロズベルグ、ニコ・ヒュルケンベルグ、ティモ・グロック、ニック・ハイドフェルド、エイドリアン・スーティルと7名のドイツ人ドライバーがグリッドに並んでいた。

「F1はすでにフォーミュラEよりも環境に優しい」とラルフ・シューマッハ

2020年3月11日
「F1はすでにフォーミュラEよりも環境に優しい」とラルフ・シューマッハ
F1の環境認証は、すでにフォーミュラEを上回ってると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは主張する。

「フォーミュラEが高性能バッテリーを充電するために使用するディーゼル発電機を見ると、F1の全体的なカーボンフットプリントの方が良いことをほぼ保証している」とラルフ・シューマッハはMunchner Merkurに語った。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム