F1:キミ・ライコネンがアントニオ・ジョビナッツィに送ったお茶目なメール
アントニオ・ジョビナツィは、新年にキミ・ライコネンとのお茶目なメールについて明かした。

キミ・ライコネンは、元アルファロメオF1のチームメイト同士であるアントニオ・ジョビナッツィと友人であることを明らかにしており、二人は2021年シーズン終了後にメールを交換した。フォーミュラEに転向するジョビナッツィとは異なり、ライコネンは現時点ではレースから引退し、ダウンタイムを過ごしていた。

アントニオ・ジョビナッツィは、キミ・ライコネンがベストなタイミングでメッセージに返信するのは得意ではないことを認めるが、その文面はお茶目なものだと語った。

「大晦日に彼に良い新年を願っているとメールを送った」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「キミはあまり自分の電話と良い関係を築いていない。モルディブで休暇を過ごしていて、放置していた」

「でも、数日後、彼は僕に連絡してきて、僕たちにいくつかの冗談を言い合った。例えば、彼は僕にいい感じに日焼けをしたきると言ってきた」

「彼はそれをイタリアンスタイルの日焼けと表現し、さらにイタリアンスタイルにするために髪を伸ばすことも考えていると言っていたよ!」

現在、アントニオ・ジョビナッツィは、フェラーリF1のリザーブドライバーであり、必要に応じてアルファロメオとハースでも代役を務めることになる。それと並行してフォーミュラEに参戦している。

アントニオ・ジョビナッツィは、何度もF1グリッドにできるだけ早く戻ることを目指していると語っており、ショーウィンドウに身を置いて、1年を離れても戻ってきた他の人をエミュレートできることを望んでいる。

「それが2023年の主な目的だ。括弧を閉じていない。あのチャンピオンシップですべてを与えたとは思っていない」とアントニオ・ジョビナッツィはLa Gazzetta dello Sportに語った。

「過去に、何人か戻ってきたのを見ている。アルボンもそうだし、オコンもそうだし、2017年に2つのレースの後に戻ってきた僕もそうだ。どんなことも可能だと思う」

「2022年には多くの契約が期限切れになるので、そこに期待している。可能性があるかどうか見てみるつもりだ」

「まず、フォーミュラEでどのように進むかだし、そして、次にとても興味を持っているフェラーリとのハイパーカープログラム(WEC)がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオF1