キミ・ライコネン 「序盤にラッセルをパスできたのが重要だった」 アルファロメオ F1メキシコGP 決勝
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、2021年F1メキシコGPの決勝を8位で終えた。

「ポイントを獲得して、チームに報酬をもたらすことができてよかった。僕たちはレースに出場するたびに常にベストを尽くしている。そして、今日は物事が僕たちにとってうまくいった」とキミ・ライコネン。

「8位はおそらく僕たちが達成できたベストな結果だ。ペースも良く、周りのクルマについていくことができた」

「序盤にラッセルをパスしたことが僕たちのレースにとって非常に重要だった。そこからの最大の挑戦は最後までタイヤを生かし続けることだった」

「この結果は満足できるものだし、ブラジルでまた良いイベントを進めていくことに集中していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1メキシコGP / アルファロメオ・レーシング