キミ・ライコネン 「ぺナルティに関する警告は何もなかった」 / F1エミリア・ロマーニャGP
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、レースのリスタート時の違反で30秒のタイムペナルティを科せられたが、何も知らされていなかったと語る。

F1エミリア・ロマーニャGPでキミ・ライコネンは9位でチェッカーを受け、彼自身とアルファロメオにとって2021年最初のポイントを獲得したと信じられていた。しかし、数時間後、ライコネンがレース再開違反で30秒のタイムペナルティを科されて13位に降格。2ポイントは幻となった。

赤旗後のレース再開に向けてフォーメーションラップで、キミ・ライコネンはスピンを喫してコースアウト。競技規則ではセーフティカーラインにに到達する前であれば、スタートポジションを取り戻すことができる。

だが、その文言には「最初のセーフティカーラインに到達する前に自己の当初のスタート順を取り戻すことができないドライバーは、ピットレーンに侵入し、ピットレーン終点よりスタートしなければならない」と続いている。アルファロメオはそのルールは適用されないと語った。

スチュワードの判決は、30秒のタイムペナルティは「必須のペナルティであり、したがって、スチュワードは一貫性の理由からこのペナルティを適用する以外に選択肢はないと考えている」と結論付けた。

「僕が知る限り、誰も僕に何も警告しなかったし、それについて知らなかった」とキミ・ライコネンは語った。

2ポイントを失ったにもかかわらず、キミ・ライコネンは、アルファロメオはイモラでポジティブな収穫が得られたと感じている。

「残念ながら、その後、このペナルティが発生した。それを示すものは何もなくなってしまったけど、少なくともパフォーマンスはポジティブに見ることができる」

「コンディションはかなりトリッキーだった。良いスタートを切った後、ラップの最初の部分では、他のマシンの後ろに何も見えなかった」

「インターミディエイトは問題なかったし、最初のストップの後のミディアムも大丈夫でした。赤旗後は少し苦戦したけど、オーバーテイクが難しいことが幸いして、ポジションを維持することができた」

「僕たちがここを得意としていないのは確かだし、次のレースではもっと良いことを期待している」

「前回のレースではポイントに非常に近かったので、このような状況でトラブルに巻き込まれなければ、ポイントの周りにいることになる」

「私たちは適切な場所でスピードがあったので、ポジションに受け止めている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング