キミ・ライコネン、Q2敗退14番手 「パッケージは良くなっている」 / アルファロメオ F1バーレーンGP予選
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選を14番手で終えた。

昨年は主にフェラーリのF1エンジンのパフォーマンス不足によって後方での戦いを強いられたキミ・ライコネンだが、今季はフェラーリのF1エンジンも改善しており、マシンに手応えを語っている。

「シーズン最初の予選としては悪い結果ではない」とキミ・ライコネンはコメント。

「もちろん、ラップのあちこちでいくつか小さなミスをしてしまったので、もう少しうまく良い結果を出せたかもしれないけど、もっと酷い結果だった可能性もある」

「コンディションを予想して午前中のセッション後にマシンにいくつか変更を施したけど、それらはおそらく期待通りに機能しなかった」

「それでも、僕たちはレースに向けて良いポジションにいる。明日の天候がどうなるか見てみる必要がある。ベストを尽くして、レースから何が得られるかを見ていくつもりだ。パッケージが良くなっているという自信はあるし、良い結果を目指して戦えると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1バーレーンGP / アルファロメオ・レーシング