キミ・ライコネン 「今のカート・キャリアはお金がかかりすぎる」 / アルファロメオF1
キミ・ライコネンは、カートレベルで莫大な資金が必要なことに驚いているとし、F1への道は20年前よりもはるかに厳しいと語る。

キミ・ライコネンは、シングルシーターの経験がわずか23戦というキャリアで2001年にザウバーからF1デビューを果たした。それまでライコネンは他のドライバーと同じようにカートに時間を費やしてきた。

そんなキミ・ライコネンは、今の若手ドライバーがカートに参戦するために必要な金額に驚いていると語る。

「モータースポーツは、僕が若い頃から常に非常に高価なスポーツだった。でも、今では、プロのカートは、僕が20年前に参戦していたフォーミュラ・ルノーと同じくらい高価だと聞いている。クレイジーだ」とキミ・ライコネンは Speedweek.com に語った。

「それは若い人がモータースポーツに参加することをはるかに難しくしている。良いジュニアチームは今や主要メーカーからあらゆるサポートを受けている」とキミ・ライコネンは続ける。

キミ・ライコネンの長男ロビンは現在5歳だ。すでにロビン君はカートを走らせており、スポンサーもついている。

しかし、キミ・ライコネンは息子が何をしたいかは分からないと語る。

「分からない。彼は今日はカートをしたいと言ったと思ったら、明日は何か他のことをしたいと言ってくる。そんな感じだ。彼は楽しんでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング