キミ・ライコネン 「F1はオーストラリアに向かうべきではなかった」
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、F1は最終的に中止となった2020年のF1世界選手権の開幕戦のためにオーストラリアに向かうべきではなかったと語る。

F1の現在の完全なシャットダウンは、ちょうど1か月前のメルボルンで始まった。F1サーカスはオーストラリアに上陸したが、マクラーレンのF1スタッフが新型コロナウイルスに感染したことを受け、最終的に中止となった。

F1グリッドで最年長であり、最も経験豊富なドライバーであるキミ・ライコネンは、中止が正式にアナウンスされる前にセバスチャン・ベッテルと一緒にオーストラリアを脱出している。

F1オーストラリアGPを中止にするという決定を支持したかと質問されたキミ・ライコネンは「他に選択肢はなかった」と Auto Hebdo に語った。

「ヨーロッパで起こっていたことを鑑みれば、起こったことには後悔しかない。そのようなシナリオが発生する可能性はかなり高かった」

「間違いなくもっと早くに決断を下せたと思う。パドックの人々全員、多くの人々がヨーロッパから来ていたし、空港、飛行機、または他のどこかで誰かが感染する可能性はかなり高かった」

「それが起こったことだ」

「僕たちは行くべきではなかった。でも、決定は私たちのものではなかった。僕たちドライバーは、FIAとF1が決定するものに従う。レースがあればそこに行く」

今後どうなるかについて、キミ・ライコネンはわからないと語る。

「これはF1だけでなく、すべての人にとって残忍だ」とキミ・ライコネンは語る。

「現時点で最も重要なことは、人々が健康を保つことだ。でも、パンデミックが終わったら、疑問の時期がやってくる」

「このすべてから、いつかポジティブなものが出てくることを望んでいるが、今のところは、自分自身を守り続けることしかできない」

キミ・ライコネンは現在、家族と一緒に家にいるという。

「すべてのことから離れているし、モトクロスを続けることもできる」とキミ・ライコネンは語る。

「だから、問題はない。冬やレースの合間はだいたいそうしている。あまり変わりはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング