F1 キミ・ライコネン、FP1でクラッシュも「貴重な時間は失っていない」
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1イタリアGPのフリー走行1回目にクラッシュを喫したが、“貴重な時間を失ったわけではない”と語る。

ウエットコンディションでスタートしたFP1で、キミ・ライコネンはパラボリカでスピンを喫してクラッシュ。わずか4周しかできず、タイムを記録できずに午前中のセッションを終えた。

「FP1でクラッシュしたので、あまりよいスタートではなかったが、正直、複雑なコンディションが続いていたし、誰も本格的な仕事ができていなかったので、貴重な時間を失ったわけではない」とコメント。

「それは午後も同じだった。マシンの感触はいいし、ラップタイムもよかった。でも、本当の順位を知るためには明日まで待たなければならないだろう」

関連:F1イタリアGP フリー走行2回目 | シャルル・ルクレールがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1イタリアGP / アルファロメオ・レーシング