F1 キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、F1ベルギーGPの1周目のマックス・フェルスタッペンとの接触の後、レースは完走してもほぼ意味のないものになったと語った。

予選を8番手で終えたキミ・ライコネンは、他車のペナルティによって6番グリッドという好位置からレースヲスタート。しかし、1コーナーでマックス・フェルスタッペンと接触してマシンの後部を破損。その後はペースを発揮することができず、16位でレースを終えた。

「まあ、あの後はそこにいるのはほぼ無意味だったね」とキミ・ライコネンはレース後にコメント。

「もちろん、何か変わったとが起きた場合に備えて続けていたけど、フロアにかなりのダメージを負っていた」

接触は、マックス・フェルスタッペンがスタートに失敗したことが引き金となった。フェルスタッペンはインサイドでブレーキーを遅らせ、ターンインしていたキミ・ライコネンと接触。フェルスタッペンはリタイアしている。

「周回を重ねるのは大変だった。クルマは良かったので残念だけど、僕たちに何ができる?」

関連:F1ベルギーGP 結果 | ルクレールがF1初優勝&フェラーリ今季初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1ベルギーGP / アルファロメオ・レーシング