キミ・ライコネンの2021年08月のF1情報を一覧表示します。

キミ・ライコネン、リアウイング変更でピットレーンスタート

2021年8月29日
キミ・ライコネン、リアウイング変更でピットレーンスタート / F1ベルギーGP 決勝
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、リアウイングアセンブリを変更したことで、F1ベルギーGPの決勝をピットレーンからスタートすることが決定した。

予選18番手で終えたキミ・ライコネンのピットレーンスタートは、決勝がスタートする1時間強前にFIA(国際自動車連盟)から発表された。これにより、ニキータ・マゼピンがミック・シューマッハの後ろの18番グリッドへ昇格。F1ハンガリーGPのクラッシュによって5グリッド降格を言い渡されたランス・ストロールの“最後尾”は変わらない。

キミ・ライコネン 「アルファロメオF1での将来は自分に決定権がある」

2021年8月24日
キミ・ライコネン 「アルファロメオF1での将来は自分に決定権がある」
キミ・ライコネンは、2022年もアルファロメオF1で現役を続行するかどうかの決定権は自分にあると語る。

今シーズンが終了するまでに42歳になるキミ・ライコネンは、グリッドで最年長ドライバー。2001年にザウバーでF1デビューを果たしたキミ・ライコネンは、2007年にフェラーリでF1ワールドチャンピオンを獲得している。

キミ・ライコネン 「F1は過去20年間でルールに縛られるようになった」

2021年8月12日
キミ・ライコネン 「F1は過去20年間でルールに縛られるようになった」
2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンによると、F1は過去20年間でますますルールに縛られるようになった。

41歳になったキミ・ライコネンは、F1史上最も経験豊富なドライバーとなった。ライコネンは、2001年オーストラリアGPでザウバーからF1デビューを果たしている。

アルファロメオF1代表 「ライコネンのモチベーションはまだ非常に高い」

2021年8月10日
アルファロメオF1代表 「ライコネンのモチベーションはまだ非常に高い」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、今シーズン限りでの引退も噂されているキミ・ライコネンがまだ“非常に高いモチベーション”で仕事に取り組んでいると語る。

オランダのレーシングレジェンドでるトム・コロネルによると、キミ・ライコネンは若い交代に「道を譲る」べきだと主張している。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム