キミ・ライコネン 「F1は過去20年間でルールに縛られるようになった」
2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンによると、F1は過去20年間でますますルールに縛られるようになった。

41歳になったキミ・ライコネンは、F1史上最も経験豊富なドライバーとなった。ライコネンは、2001年オーストラリアGPでザウバーからF1デビューを果たしている。

当時、キミ・ライコネンとザウバーは、彼の若い年齢(当時はわずか21歳)で批判されていた。ライコネンはF1にステップアップする前にシングルシーターで23戦しか経験していなかった。

キミ・ライコネンのF1ワールドチャンピオンに加えて、ザウバー、マクラーレン、フェラーリ、ロータスでの340回のスタートで21勝を挙げている。

F1キャリアを通して、コース上のアクションはどのように変化したかと質問されたキミ・ライコネンは「レースごとに異なるけど、それほど違いはないと思う」と語る。

「大きな違いは、すべてに多くのルールがあることだ。非常に多くのルールがある。基本的にやっているものは何でも、実行した内容に応じて、良いか悪いかにかかわらず、ルールを見つけることができる」

「でも、過去に僕が始めたときは、ドライバー間という点ではある意味もう少しフェアなゲームだったと思う」

「オーバーテイクしようとした場合、誰かとは言わないけど、ある意味でそこまで失礼ではなかったり、それほど多くをブロックしたりはしていなかったのかもしれない。

「当時、この種のルールは必要なかった」

「でも、明らかに、すべてのスポーツは20年以上にわたって変化しているし、それはその一部だ」

キミ・ライコネンは現在1年間の契約を結んでおり、来シーズンもF1を続けるかどうかの決定は彼の手に委ねられており、アルファロメオのペースやポテンシャルとは関係がないと主張している。

最近のシーズンでは、キミ・ライコネンはシングルラップのペースでは陰りが見えているものの、レースクラフトは強いままであることを示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング