レーシング・ポイント、ルノーのF1マシンに異議申し立て / F1日本GP
2019年のF1日本GPの決勝レース終了後、レーシング・ポイントF1チームは、ルノーF1チームの2台のマシンに車両規定違反があった可能性があるとして抗議を提出した。FIAはこれを受理し、調査を開始することを発表した。

レーシング・ポイントが異議申し立ては、ルノーの"プリセットラップディスタンスディペンデントブレーキバイアスアジャストメントシステム(事前設定済みラップ距離従属型ブレーキバイアス調整システム)"に関連する問題。

スチュワードはこれを受け、両チームの代表者を招集。13日中に結論は下されず、FIAの技術部門は、ルノーの2台のマシンの標準エレクトロニクスとステアリンホイールを押収。さらなる調査を進めることとなった。

ルノーF1チームは、ニコ・ヒュルケンベルグが9位でフィニッシュしたが、チェッカーフラッグが52周目に振られたことで10位に後退。ダニエル・リカルドは7位でフィニッシュした後、シャルル・ルクレール(フェラーリ)に15秒のタイムペナルティが科されたことで6位に繰り上がっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント / ルノー / F1日本GP