F1 レーシングポイント
レーシングポイントは、自分たちやマクラーレンのような“孤立”しているチームは、大規模チームと小規模チームによる“Bチーム”戦略にどのように対応していくかを“考える”必要があると語る。

ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、トロロッソ・ホンダが競争力をつけていることに不満を抱いており、F1は“Bチーム”の台頭を抑制しなければならないと語っていた。

メルセデスのF1エンジンを搭載するレーシングポイントの技術責任者を務めるアンディ・グリーンも、アルファロメオ、ハース、トロロッソが競争力を増しているひとつの理由としてトップチームとの密接な技術提携を挙げた。

「ザウバーとハースはフェラーリから恩恵を受けている。トロロッソとレッドブルも同じだ」とアンディ・グリーンは Auto Motor und Sport にコメント。

「それは自動的に彼らをトップに近づけているし、フィールドは拮抗してきている。我々、ルノー、マクラーレンのような孤立したチームは今後もっと難しくなっていくだろう。我々は新しい方法を考えていかなければならない」

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、“Bチーム”戦略に反応して、カスタマーにより近づく可能性があることを示唆している」

「現在、我々はカスタマーチームがどのようにそれらの相乗効果を達成できるかについて考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レーシングポイント