レーシングポイント 「開幕戦で登場するRP19はまったく異なる」
レーシングポイントのF1チーム代表を務めるオトマー・アフナウアーは、今週末のF1オーストラリアGPのグリッドに並ぶ2019年F1マシン『RP19』はプレシーズンテストで目にしたものとは“まった異なる”ものになると語る。

レーシングポイントは、F1バルセロナテストで特に問題に見舞われたわけではなかったが、ラップタイムや走行距離という点ではあまり目立った成果を挙げていなかった。

しかし、オトマー・サフナウアーは、レーシングポイントはテストでは“抑える”という戦略的な決定をしたとし、オーストラリアで目にするであるスペックとはほど遠いマシンを走らせていたと語る。

「冬季テストでは主な目標を達成することがでいたし、ポジティブなことがたくさん得られた。しかし、バルセロナで走らせたクルマはメルボルンで目にするものとはかなり異なる」とオトマー・アフナウアーはコメント。

「我々はクルマを開発するために最大限の時間を与え、開幕戦でパフォーマンスを発揮するという戦略的な決断を下した。そのためテストでは少し抑えていた」

「その日のうちに新しいパーツを導入するのは簡単ではないし、急激な学習曲線になることはわかっているが、我々は長期的にこのアプローチがうまくいくと信じている」

昨年、崩壊したフォースインディアで財政難に苦しんだレーシングポイントは、今年、セルジオ・ペレスとランス・ストロールというラインナップで新たなスタートを切るが、ミッドフィールドの上位に返り咲くという野心を抱き続けている。

「我々は2019年を新しいアイデンティティと新たなエネルギーとともに開始する」とオトマー・サフナウアーはコメント。

「新しいパートナーが加わり、新たな投資もあるが、その投資をコース上でのパフォーマンスに変換するには時間がかかる」

「RP19の大部分が新しい株主が就任する前にデザインされた。なので、今年はかなり移行の一年となる」

「今年の目標は前進を果たし、再びミッドフィールドの先頭を争うことだ」

「簡単なタスクではないことは認識している。ここ最近でミッドフィールドは最も拮抗している。チームはわずかコンマ数秒しか離れていない。我々は目の前のチャレンジについて現実的であり、目標を達しするために必要な作業量も認識している」

「シーズンは長いし、我々にはしっかりした開発プランもある。我々はメルボルンでポイントを争えると考えたいし、それが最初のレース週末における最初の目標だ」

関連:2019年 F1オーストラリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レーシングポイント