PURE
PUREを率いるクレイグ・ポロックは、2014年にF1に参戦するために2チーム以上の“良い”チームにエンジンを供給することを目指していると述べた。

2014年から現在の2,4リッター V8エンジンに代わって、1.6リッター V6ターボエンジンが導入される。PUPEは、それに合わせてF1へのエンジン供給を目指している。

クレイグ・ポロックは、PUREが12チームのうち少なくとも2チームにエンジンを供給することを望んでいると述べた。

「最低限でも2チームだ。それについては問題はない。最低で2チーム、できれば2つの良いチームを望んでいる」

「最大数については...我々がもっと多くのチームに供給しなければならないのであれば、我々はそれをするために準備するつもちだ。それは必ずしも我々の願望ではない。それについてはかなり現実的にならなければならないと思うし、我々が新しい会社であることはわかっている」

「会社で働いている人々は不慣れな人間ではない。彼らはF1エンジン供給の分野でのベテランだ。だが、もう1チームに供給するためにはより多くの組織が必要だ。だが、我々はそれを早くから十分にわかっているので、うまくやれるだろう」

以前ジャック・ヴィルヌーヴのマネージャー、そしてBARのチーム代表を務めていたクレイグ・ポロックは、最近のプジョーのルマン・シリーズからの撤退は、F1でも自動車メーカーの将来が永久的ではないという警告だと考えている。

「物事は続いているし、人々は以前よりも状況をより深刻を受け止めていると思う」

「プジョーの撤退が助けになるとは思わない。あのような非常に大きな企業による役員会の決定、もしくはディレクターの会議が将来の供給に否定的な決断をしたことを彼らに築かせることになるだろからね。次々と起こる可能性もある。シーズン前からもしれないし、シーズン中盤、シーズン末かもしれない」

「将来誰がそこにいるかは誰もわからない。フェラーリ以外はね。彼らは長期的にいると思うが、他のプレーヤーは誰もそれを保証することはできないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: PURE