PURE
PUREがトヨタと契約を結び、ケルンのトヨタ・モータースポーツの施設に移転することが明らかになった。

F1がV6ターボエンジンに変更になる2014年からF1にエンジン供給を予定しているPUREは、これまでフランスの拠点で運営してきた。

PUREの代表クレイグ・ポロックは、トヨタF1チームを運営していたケルンのファクトリーに移転することを明らかにした。

「TMGと独占契約を結んだという状況だ」とクレイグ・ポロックは AUTOSPORT にコメント。

「かなり長い期間の契約だ。それは間違いない。現在トヨタは、テストベンチやアッセンブリユニットがリンクした本部複合施設を準備している」

「基本的に、現在アッセンブリー施設に届けるために製造している全てのパーツを得ることができ、実際にプロトタイプはトヨタの施設で造られることになる。それがPUREの施設になる」

クレイグ・ポロックは、PUREは準備のための貴重な時間をセーブできる意味のある移転だと述べた。

「背景にある論拠はかなり単純なものだ」とクレイグ・ポロックは述べた。

「我々が独自に施設を建設し、独自にテストベンチを構築しなければならないことは明らかだった。そこにはコスト的な要因も時間的な要因もある」

「だが、実際に最大のことは時間的な要因だった。その規模で建設し、テストベンチを造るには、稼働可能にして調整するのに最適でも1年半はかかるからだ」

「トヨタは、F1のために世界で最高のテストベンチを持っていることは疑問の余地はないと思っている。彼らには最新のものがあるたくさんあるし、我々は7月末にベンチ上で準備ができていなければならないので、私にとってその道に沿うことは論理的なことだった」

だが、クレイグ・ポロックは、PUREはフランスでも運営を続けると述べた。

「メインのデザインチームとアセンブリーチーム、テストベンチに取り組まなければならない人々はもちろんケルンを拠点にすることを考えている。完全に動いているニットがなければならない。通常はフランスでもユニットを継続していくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: PURE | トヨタ