F1 バーレーングランプリ
2019年のF1世界選手権 第2戦 バーレーンGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5))と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される第2戦バーレーンGPではC1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)を選択。これは2018年のハード、ミディアム、ソフトに相当する。

レースではC1とC2のいずれか1セットを使用されなければならない。また、C3は予選Q3で使用しなければならない。残りの10セットはチームが自由に選択できる。

3強チームであるメルセデス、フェラーリ、レッドブルはピエール・ガスリーを除き、C1が1セット、C2が3セット、C3が9セットと同じ選択。ピエール・ガスリーのみ、C1が2セット、C3が8セットとなっている。

その他のドライバーもだいたい同じセット数を選んでいるが、ルノーとトロロッソ・ホンダは、C3を10セットと多く選択。対照的にウィリアムズとマクラーレンはC3を8セットに抑え、硬い方のタイヤに比重を置いており、ロバート・クビサはC2を4セットとやや極端な選択になっている。

2019年 F1バーレーンGP 各ドライバーのタイヤ選択2019年 F1バーレーングランプリ 各ドライバーのタイヤ選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1バーレーンGP