F1 ピレリ
ピレリのカーレーシング責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1を退屈にさせているのはタイヤだという見方に異論を唱えた。

最近、F1ドライバーはピレリとミーティングを開催し、ピットストップのために労わるのではなく、プッシュできる堅牢なタイヤが必要だと主張した。

ピレリは、2023年までF1の公式タイヤサプライヤー契約を確保している。

マリオ・イゾラは、現在の状況がすべてピレリの失敗によるものではないと語る。

「ピットストップに21~22秒かかるという問題もあり、チームはドライバーにスローダウンさせることを望んでいる」とマリオ・イゾラは Auto Hebdo にコメント。

「タイヤだけではない。エンジンや燃費などを含めた他の制約もある」

「個人的にはドライバーがもっとアタックするのを見たいと思っている」

だが、マリオ・イゾラは、F1レースをよりエキサイティングなものにするために何をするべきかを確信していないと語る。

「レギュレーションは、最低でも2回のピットストップを課す可能性があるが、全員が同時にピットストップする可能性は十分にある。簡単に理解することはできない複雑な問題だ」

「我々が下すすべての決定は正確に評価されなければならない。我々はこの件についてドライバーやチームと話し合っている。FIAとFOMだけでなく、誰も奇跡の解決策は持っていないからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ