F1 ピレリ
ピレリは、F1にタイヤ戦争が復活することは、コストの増加とチーム間の格差を広げることになると否定的だ。

F1に複数のタイヤサプライヤーが存在したのは、ミシュランとブリヂストンがしのぎを削った2006年が最後となる。

ピレリは2011年にF1と単独サプライヤーとして復帰。2019年まで契約を締結している。

Motorsport Networkが実施した世界的なファン調査によると、69.4%のファンが“タイヤ戦争”と復活を求めている。

だが、ピレリのカーレーシング責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1にタイヤ戦争が復活することはないだろうとオートスポーツ・インターナショナルで語った。

「状況が異なる。現在、我々は全チームに同じ製品を供給しているし、タイヤに関しては全チームを同じレベルにしている」とマリオ・イゾラはコメント。

「競争をオープンにすれば、テストをする必要があり、コストは増加する。同じタイヤを全員に供給する義務がなくなるので、トップチームがミッドフィールドやそれ以下のチームよりも良い製品を得ることになるだろう。トップチームと他チームとの差が生まれる」

「2~3社のタイヤメーカーがいれば、複数のチームがトップを争えるかもしれないが、残りはパフォーマンスに苦しむだろう。タイヤで0.5秒を見い出すことは容易であり、今と比較してチーム間によりデルタが生み言い出されることになる」

2017年は近年で最も競争の激しいシーズンのひとつとなったが、マリオ・イゾラは2018年シーズンがさらにポジティブになる理由がたくさんあると語る。

「去年の選手権は悪くなかった。メルセデスとフェラーリという2チームが戦った。シーズン終盤にはレッドブルが強さをみせた」とマリオ・イゾラはコメント。

「今年はこの3チームにいくつか他のサプライズが加わることを期待している。ルノーは昨年と比較して競争力をつけると確信している。おそらくフォース・インディアもそうだろう。面白い選手権になることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ