2016 F1 マレーシア
ピレリは、2016年 第16戦 マレーシアGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表。メルセデスとフェラーリが同じ戦略を取った。

2016年から新しいレギュレーションが導入され、ピレリは1レースにつき3種類のコンパウンドを用意。マレーシアには、ハード、ミディアム、ソフトという組み合わせのコンパウンドが持ち込まれる。

メルセデスは両ドライバーにソフトタイヤを7セット選択。その他のコンパウンドについては今回も分けた。チャンピオンシップリーダーのニコ・ロズベルグは、ハードが2セット、ミディアムが4セット。チームメイトのルイス・ハミルトンは両方とも3セットとした。

フェラーリもメルセデスと同様の選択をしており、セバスチャン・ベッテルがロズベルグと、キミ・ライコネンがハミルトンと全く同じタイヤをチョイス。
なた、ソフトを8セット選択したのはトロ・ロッソだけとなっている。

F1マレーシアGPは、9月30日〜10月2日にセパン・インターナショナル・サーキットで行われる。

2016年 F1マレーシアGP タイヤ選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1マレーシアGP