ミシュラン F1復帰
ピレリのモータースポーツ・ダイレクターを務めるポール・ヘンベリーは、2014年のミシュランのF1復帰について「馬鹿げてる」と吐き捨てた。

ミシュランは、F1ベルギーGPの週末に、2014年にF1復帰する意思があることを明らかにした。

ピレリは、バーニー・エクレストンやFOMとの商業契約にはすでにサインしているが、2014年以降のタイヤ供給契約についてはまだFIAと合意に至っていない。

それはミシュランにとってF1復帰の可能性が残されていることを意味しているが、ポール・ヘンベリーは馬鹿げた状況だとしてそのニュースを一蹴した。

「ミシュランが復帰を望んでいるのであれば、なぜ昨年の9月にそれを伝えなかったのか」とポール・ヘンベリーは Daily Telegraphに語った。

「率直に言って、9月に申請して1月に走るなど馬鹿げている。昨年の9月にそうするべきだった。我々には契約があるのでそれらが尊重されることを願っている」

FIAのジャン・トッド会長は、ミシュランのF1復帰を望んでいると言われている。

最終的な決定は9月の世界モータースポーツ協議会で下される見込みだ。

関連:ミシュラン、2014年のF1タイヤ供給に前向き

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | ミシュラン