ピレリの2020年08月のF1情報を一覧表示します。

2020年 F1ベルギーGP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説

2020年8月31日
2020年 F1ベルギーGP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、ポール・トゥ・ウインでベルギーGPを制しました。ハミルトンは、セーフティカー導入周回中の11周目にイエロー・ミディアムからホワイト・ハードへ交換する1ストップ戦略を採った。表彰台のドライバーたちは、皆おなじ戦略を実行した。

F1ベルギーGP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2020年8月30日
F1ベルギーGP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

今週、ピレリはスパ・フランコルシャンに昨年よりも1段階柔らかいタイヤであるC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)を持ち込んでいる。決勝ではハードとミディアムのどちらか1セットを使用しなければならない。

ルイス・ハミルトン 「ピレリはもっと良いF1タイヤを作る必要がある」

2020年8月19日
ルイス・ハミルトン 「ピレリはもっと良いF1タイヤを作る必要がある」
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ファンはドライバーがタイヤを管理するだけのレースを見たくはないとし、公式タイヤサプライヤーのピレリに2020年にむけてより強力なタイヤ構造を開発するよう求めた。

ルイス・ハミルトンは、F1スペインGPで圧倒的な強さで勝利をおさめ、今シーズン4勝目を挙げた。F1 70周年記念GPではタイヤのブリスター問題に苦しんだハミルトンだったが、バルセロナではマックス・フェルスタッペンに対して見事にレースをコントロールした。

F1スペインGP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説

2020年8月17日
F1スペインGP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペインGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

ポールポジションからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンが、ソフト~ミディアム~ミディアムと繋ぐ2ストップ戦略でスペイングランプリを制した。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは同様の戦略で2位を獲得した。フェルスタッペンは、ハミルトンよりも数周早いタイミングでピットストップを行った。

F1スペインGP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2020年8月16日
F1スペインGP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペインGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

今週、ピレリはカタルニア・サーキットに最も硬いタイヤであるC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)を持ち込んでいる。決勝ではハードとミディアムのどちらか1セットを使用しなければならない。

F1 Topic:予選Q3でソフトタイヤの使用義務はない

2020年8月11日
F1 Topic:予選Q3でソフトタイヤの使用義務はない
F1 70周年記念GPの予選Q3でダニエル・リカルド(ルノー)が1回目のアタックに続いてミディアムタイヤで2回目のアタックのためにコースインしたとき、F1のテレビ解説陣は混乱に陥っていた。予選Q3でソフトタイヤの使用義務はないのか? 答えはノーだ。

各F1ドライバーには、週末に合計13セットが用意される。昨年までとは異なり、新型コロナウイルスの影響を受けてカレンダーがまだ未確定の今季は、F1ドライバーは各イベントでハードの2セット、ミディアムの3セット、ソフトの8セットと同じタイヤを割り当てられる。

F1 70周年記念GP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説

2020年8月10日
F1 70周年記念GP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

先週、ピレリはシルバーストンに最も硬いタイヤであるC1、C2、C3を持ち込んだが、今週のF1 70周年記念GPではC2、C3、C4と全体的に一段階柔らいコンパウンドを持ち込んだ。

F1 70周年記念GP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2020年8月9日
F1 70周年記念GP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2020年のF1世界選手権 第5戦 F1 70周年記念GPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

先週、ピレリはシルバーストンに最も硬いタイヤであるC1、C2、C3を持ち込んだが、今週はC2、C3、C4と全体的に一段階柔らいコンパウンドを持ち込んでいる。

ピレリ、タイヤ選択への批判に反論 「F1側からの要請に従っただけ」

2020年8月9日
ピレリ、タイヤ選択への批判に反論 「F1側からの要請に従っただけ」 / 70周年記念GP
ピレリは、今週末のF1 70周年記念GPのタイヤ選択への批判に反論。F1側から要請されたものだと主張した。

F1は同サーキットでの2戦目が最初のレースの焼き直しになることを防ぐべく、シルバーストンでの2連戦では異なるタイヤコンパンドを導入。先週、ピレリは最も硬いタイヤであるC1、C2、C3を持ち込んだが、今週はC2、C3、C4と全体的に一段階柔らいコンパウンドを持ち込んでいる。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム