ピエール・ガスリー 「2度目の機会がなかったレッドブルF1に恨みはない」
ピエール・ガスリーは、スクーデリア・アルファタウリからアルパインF1チームに移籍するが、2度目のチャンスを与えてくれなかったレッドブルを恨んではいないと語る。

2014 年のフォーミュラ ルノー 3.5 で初めてレッドブル ジュニア チームに参加したピエール・ガスリーは、先週末のシーズン終了F1アブダビGPでレッドブルが所有するスクーデリア・アルファタウリとの最後のグランプリを戦った。2023年シーズンからガスリーはエステバン・オコンのチームメイトとしてアルピーヌF1チームに加入する。

26歳のピエール・ガスリーは、スクーデリア・アルファタウリとほぼ100回のグランプリに参戦。2019年シーズンの前半にレッドブル・レーシングで12戦ドライブした後、期待はずれなパフォーマンスにより、夏休みにアルファタウリ(当時はトロ・ロッソとして知られていた)に降格された。

スクーデリア・アルファタウリでの最後のレースについての気持ちを尋ねられたピエール・ガスリーは、長い間一緒にレースをしてきたチームと一緒にいられなくなるという実感が湧いていないとRace Fansに語った。

「まだそのような感情に襲れていない」とピエール・ガスリーは語った。

「過去5年間、同じように同じ服を着ていたからね。同じ色を着て、同じ人と一緒に作業して、シミュレーターで走ってきた」

「このような長い間で仕事上の関係を超えたものになった。彼らの子供、妻、彼らが住んでいる場所のほとんどを知っている。僕たちはより多くの個人的なつながりを共有している」

ピエール・ガスリーのF1デビューは、マレーシアでの2017年シーズンの終わり近くにトロロッソで実現した。また、レッドブルのドライブを失ったピエール・ガスリーは、2020 年にモンツァで開催されたF1イタリアGPで衝撃的な優勝を果たした。

アルファタウリでの時間を振り返ったピエール・ガスリーは、この 2 つのレースが最も際立っていると述べた。

「当然だけど、勝利が最初に来る」とピエール・ガスリーは語る。

「マレーシアでの最初のレースについて挙げるだろう。最初に1レースだけだったけど、非常に特別なことだった。予想していなかったからね」

「ヘルムート(マルコ/レッドブルのスポーツアドバイザー)が電話してきたのを今でも覚えている。『よし、君はリザーブドライバーではなく、今週末はトロロッソでレースをする』。マレーシアでベッドの上で飛び跳ねていた。どのホテルにいたかは内緒だけど、彼らにとってはあまり素晴らしいことではなかったね! でも、非常にユニークな思い出だ」

ピエール・ガスリーは、過去8シーズンにわたるレッドブルの一員としての彼の時間は、ドライバーとしての成長にとって重要だったと語る。

「レッドブルで過ごした時間は、ドライバーとして何が必要かを理解するのにも非常に役立った」とピエール・ガスリーは説明した。

「今では、ドライバーとして何を望んでいるのかについて、より明確なアイデアを持っている」

「自分がどのようなドライバーで、何が必要かについて明確な考え方や方向性を持たない、とてもフレッシュな状態だった。今、僕はそれを知っている。自分のドライビングスタイルを知っているし、最高の状態でオペレートする方法を知っている。だから、過去 5 年間で多くのことを学んだと思うし、常に良い結果を最高の思い出と結びつけている」

レッドブル・レーシングのシート失ったという挫折にもかかわらず、ピエール・ガスリーは、シニアチームで2度目のチャンスを得られないことについて、何の感情も感じていないと主張している。

「まったくない」とピエール・ガスリーは語った。

「これが僕のキャリアであり、レッドブルでの僕の物語だ」

「どんなことにも意味があると本気で信じている。多くのことを学んだ。僕は間違いなくはるかに強いポジションにいると思う。僕は以前よりもはるかに強力なドライバーだ。そこでの経験のおかげで、今の僕がいる。コース上であろうとなかろうと、僕は大きく成長した。質問に答えると、そのことで何が変わることさえないだろう」

「僕は今26歳で、毎年向上している。良質な赤ワインのようにね。これがどこで止まるかは分からないけど、個人的には良くなり続けているし、ベストがまだ来ていないことを知っている。だから、僕は起こったことに本当に感謝している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル・レーシング / トロロッソ / スクーデリア・アルファタウリ