ピエール・ガスリー 「ストロールとのアクシデントは僕の責任」 / スクーデリア・アルファタウリ F1スペインGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝レースを13位で終えた。

14番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、オープニングラップに他車との接触でフロントウイングを損傷。苦しい展開となる。

41周目にはランス・ストロール(アストンマーティン)と接触。このインシデントに責任として5秒加算ペナルティと2点のペナルティポイントを科された。

「今日は非常に残念で、すごくフラストレーションのたまる日だった」とピエール・ガスリーはコメント。

「序盤のちょっとした接触でマシンを傷つけてしまい、それ以降はペースが上がらず、ダウンフォースを失ってあちこちで滑ってしまった」

「ランス・ストロール(アストンマーティン)とのアクシデントは僕の責任だ。限界までプッシュしていたので、ランスには謝りたい」

「それからはできる限りのことをやってみたけど、結局のところ、僕らにできることはあまりなかった」

ピエール・ガスリー スクーデリア・アルファタウリ スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1スペインGP / アルファタウリ