アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「最後は自分が何と戦っているかも分からなかった」 / F1アブダビGP
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、カオスとなったF1アブダビGPのファイナルラップで自分が何位を争っているのか分からないまま5位入賞を果たしたと語る。

F1アブダビGPでは、F1レースディレクターのマイケル・マシが、ファイナルラップでセーフティカーを撤収し、選択された周回遅れのドライバーだけがアンラップすることを許可されたことで、ドラマと論争が支配した。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンからリードを奪ってF1ワールドチャンピオンを獲得したが、ピエール・ガスリーは、その混乱のなかで背後のマシンにポジションを奪われないようにしていたものの、実際に何位を争っているのか分からないままチェッカーを目指したと語る。

最終的に、ピエール・ガスリーは、チームメイトの角田裕毅の後ろの5位でレースをフィニッシュ。12番グリッドスタートで5つポジションをアップさせた。

「自分が何位を戦っているのかさえ分からなかった。マシンがたくさんいて、(バルテリ)ボッタスと良いバトルをしてし、ボッタスをパスすることができたし、裕毅とも良いバトルができた」

「はアストンマーティンとハースがいたけど、他の人が混ざっていた。 訳が分からなかったけど、最終ラップでできるだけ多くのクルマをパスしてトップ5を獲得できたのでとても満足している」

ピエール・ガスリーの結果は、12番手からスタートしたことを考えると素晴らしい努力だったが、マシンをあまり快適に感じることができておらず、“ぎりぎり”でドライブしていたと語る。

2日前よりもマシンは良くなっていたかと質問されたピエール・ガスリーは「少しだけね。でも、運転するのは非常に困難だったし、スライドが多くて常にギリギリだった。今シーズンの最高のマシンではなかったと言わざるを得ない」とコメント。

「バランスは望んでいたものとはかけ離れていた。でも、そういうこともあるし、結局、レースに出場したら、自分が持っているものとツールを使ってできる限りベストを尽くす必要がある。ドライビングと自分がするすべてのこと、コーナー、弾道など、すべてを使って最大化しようとする。それが僕っ地がフィニッシュしたポジションに本当に満足している理由だと思う」

アルファタウリ・ホンダF1は、コンストラクターズ選手権で5位獲得を目指してF1アブダビGPに出場しましたが、4位と5位でフィニッシュしても、最終的にアルピーヌに13ポイント及ばなかった。

ピエール・ガスリーは、そのマージンにがっかりしていはいるが、トロロッソ時代を含めてチームとして最大のポイントを獲得できたシーズンに満足していると語る。

「このようにカムバックきたことは、それ以上に幸せなことはない。あらゆる機会を利用し、さまざまな戦略を試し、今日は困難だったとしても、フェルナンド(アロンソ)を追い抜くことができた」とピエール・ガスリーはF1アブダビGPは振り返った。

「かなり苦戦を強いられた。簡単ではなかったけど、全力を尽くしたし、チャンピオンシップでポイントを増やして、このような素晴らしいシーズンをまたトップ5で終えることができた。僕たちはアルピーヌに近づいた。22戦の後にそのようなマージンをいるのは困難だ。でも、全体として、アルファタウリとトロロッソのこれまでのすべての年を見れば、チームとして達成したことは信じられないほどだ」

「だから、チームの人たちを本当に誇りに思っている。今年は彼らが非常に高いレベルでパフォーマンスできることを証明したので、来年も達成できることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / F1アブダビGP / アルファタウリ