ピエール・ガスリー 「レッドブルF1はフェルスタッペンのためのチーム」
ピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンのために“テーラーメイド”されたF1チームだと語る。

昨年、レッドブルに昇格したピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンにペースに匹敵することができず、シーズン途中にアレクサンダー・アルボンと交代でトロロッソに降格させられた。

ピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダF1で自分自身を証明するために十分に長い時間を得られなかったと主張する。

「もっとうまくやれたと思っている」とピエール・ガスリーは Autosprint に語った。

「レッドブルにいれば、それまでにたくさんのことを学んだだろう」

「少なくとも、今シーズンはアルファタウリとのレースにしか関心はない。今はエネルギーのすべてをそこに注いでいる。どんな犠牲を払ってでもF1にとどまりたい」

ピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダF1でマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして溶け込むのは難しことを示唆した。

「そうだね、それは事実だ。すべてのドライバーはテーラーメイドのチームを望んでいる。レッドブルがそうであるようにね」とピエール・ガスリーはコメント。

「でも、F1がチームスポーツであることを忘れてはならない。チーム全体のパフォーマンスが良くなければ勝つことはできない」

「誰もが助けを必要としている。パフォーマンスは自分だけに依存しているわけではないし、すべてのチームメンバーがそのために全力を尽くさなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン