ピエール・ガスリー 「F1王者になるためなら全てを犠牲にできる」 / トロロッソ・ホンダF1
トロロッソ・ホンダに降格になったピエール・ガスリーだが、F1での目標を失ってはいない。F1ワールドチャンピオンになること。そのためには必要なすべてのことを犠牲にできるとガスリーはkたる。

今年、レッドブル・ホンダのドライバーとしてシーズンをスタートしたピエール・ガスリーだったが、期待された成績を残すことができず、シーズン途中で昨年まで戦っていたトロロッソ・ホンダに戻ることになった。

しかし、ピエール・ガスリーは希望を失わず、F1ブラジルGPではF1初表彰台となる2位フィニッシュを達成。来年もアルファタウリに名前を変えるチームでF1を継続することが決定している。

「ハイパフォーマンススポーツでは、明確なアイデアを持ち、自分が何を目指しているのかを知っていることが重要だ。非常に若い頃から僕はF1とモータースポーツに夢中になった。僕は常にとても競争力があったし、完全主義者だ。僕のゴールはワールドチャンピオンになることだ。この目標を達成するためならあらゆる犠牲もいとわない」とピエール・ガスリーは RTL にコメント。

「スポーツ、いや仕事全体に言えることだけど、目標を定めて、それを達成するためにあらゆる手を尽くさなければならないと思っている。コース外では行儀よくできるかもしれないけど、コース上では異なる」

「子供のことから連盟がサポートしてくれたのは幸運だった。彼らのおかげで24時間が開催されるサーキットが隣にあるル・マンでスポーツをしながら勉強を続けることができた」

「3か月前にそこで一緒に勉強していた仲間を失ったのは寂しい。でも、レッドブルがある英国に住むまでキャッチアップするのを助けてくれる先生がいたあし、僕のことをとても助けてくれた」

ピエール・ガスリーは、モータースポーツを始めた頃から100%彼をサポートしてくれた家族への感謝も忘れてはいない。彼らもガスリーがキャリアを進めていけるように多くの犠牲を払ってきた。

「家族の存在がなければ、今自分がいる場所にとどり着くことはできなかったと思っている。小さな頃から家族の投資があった。両親をいつも僕にすべてを与えてくれたし、彼らは僕の夢を叶えるために大きなリスクを冒してくれた」とピエール・ガスリーは語る。

「僕の兄弟も非常に若い年齢でそれを受け入れてくれた。彼らにとっても簡単なことではなかったと思う。このスポーツを理解してくれる兄弟がいてくれたのは幸運だった。彼らはこのスポーツのファンでいつも僕を支えてくれた。このような感情を経験するために彼らをF1パドックに連れて行けるのは最高の贈り物だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / トロロッソ / ホンダF1 / アルファタウリ