ピエール・ガスリー 「レッドブル・ホンダでの待遇には少し苛ついている」
ピエール・ガスリーは、2019年のF1ブラジルGPでトロロッソ・ホンダとF1キャリア初表彰台を獲得したが、2019年シーズンを通しての状況には満足しているわけではない。

ピエール・ガスリーは、昨年の冬にトロロッソからダニエル・リカルドの後任としてマックス・フェルスタッペンのチームメイトとなり、レッドブル・ホンダのドライバーとしてシーズンをスタート。

しかし、ピエール・ガスリーのパフォーマンスはすでにプレシーズンテストからチーム内に懸念を引き起こした。夏休みまでの12戦でマックス・フェルスタッペンが181ポイントを獲得したのに対し、ピエール・ガスリーは63ポイントしか獲得することができなかった。

「マックスのことはカート時代から知っている。彼がシングルラップやレースでどれだけ速いから知っている」とピエール・ガスリーは Formule 1 に語った。

「彼は僕が期待していたレベルだったし、最初の12レースで非常に良い成績を残した」

マックス・フェルスタッペンの成功により、ピエール・ガスリーの闘争は悪化していった。自分の能力があることを知っているレベルに近づくことさえできなかったとガスリーは認める。。

「過去7年間、レッドブルでの6か月を除いて、僕は常に非常に競争力があった」とピエール・ガスリーはため息をついた。

その結果、レッドブルの上層部はピエール・ガスリーをトロロッソに戻す決定を下し、F1ベルギーGP以降、レッドブルのシートはアレクサンダー・アルボンに引き継がれた。

アレクサンダー・アルボンは、残りの9戦でマックス・フェルスタッペンにはるかに近いことが判明したが、この変化はピエール・ガスリーにも良い影響をもたらしました。
ピエール・ガスリーはトロロッソでさらに32ポイントを獲得し、ブラジルGPでの表彰台を含む5戦で入賞を果たした。

それでも、ガスリーは、彼がレッドブルでその初期の不振から抜け出すために必要な時間と支援を与えられることを望んでいたと語る。

「僕たちが望んでいれば、それを機能させるために必要なものはすべて揃っていたと思う。だから、必要な変更を加えることができなかったことには少し苛ついている」とピエール・ガスリーは語る。

レッドブルは、2020年もアレクサンダー・アルボンを続投させることを決断し、ピエール・ガスリーがレッドブルに戻るという希望は失われたが、少なくともまたF1シーズンを確保することはできた。

ピエール・ガスリーはファエンツァに残るが、トロロッソはアルファタウリにブランディングを変更するため、チーム名は来シーズンとは異なりる。ピエール・ガスリーは、また新たなチャンスに値するだけの十分な努力をしたと主張する。

「スパ以来、トロロッソで達成した結果に基づいて、このシートは完全に値すると感じている」とピエール・ガスリーは強調して述べた。「マシンにはより良いフィーリングを持っている」

新生アルファタウリ・ホンダは2月14日にオーストリアのザルツブルクで新車を発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / トロロッソ / ホンダF1