F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが、2019年のF1世界選手権 第2戦 バーレーンGPへの意気込みを語った。

レッドブル・ホンダとの初戦となった開幕戦オーストラリアGPでは、予選Q1敗退、決勝では11位ノーポイントと悔しい週末に終わったピエール・ガスリー。

第2戦の舞台となるバーレーン・インターナショナル・サーキットは、昨年、トロロッソ・ホンダで自身のベストリザルトとなる4位を獲得した相性のいいサーキットとなる。

「バーレーンは好きなレースのひとつだ」とピエール・ガスリーはコメント。

「去年はF1でのベストリザルトとなる4位を達成ているので、僕にとってバーレーンは多くの感情を呼び戻してくれるし、本当にポジティブなエネルギーを持っている。それだけでなく、予選でもベストリザルトとなる6位を記録して5番手からレースをスタートしたので、良い思い出がある。当然、バーレーンでの経験した感情と場所は関連づけるものだし、僕のリストのトップに位置している」

「今回、アストンマーティン・レッドブル・レーシングと一緒に戻ることを楽しみにしている。特に前戦のメルボルンはトリッキーな週末だったからね。僕たちのクルマには競争力があると思うし、バーレーンは好きなトラックなので、クルマに戻って仕事に取り組むのが待ち切れない」

関連:2019年 F1バーレーンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | F1バーレーンGP