F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが、『2019 ホンダF1 キックオフ記者会見』で2年目となるホンダとの仕事について語った。

昨年、トロロッソでF1フル参戦を果たしたピエール・ガスリーは、今年からレッドブル・レーシングに移籍。F1でホンダのF1エンジンでの2年目を迎える。

「F1での2年目になるけど、レッドブル・レーシングに加入して、新しいチームで、人も変わって、新しい顔ぶれになって、新しい環境になれていくことがとにかく必要だけど、すでに去年の末から協力は始めているし、2019年に向けてベストな準備ができていると思う」とピエール・ガスリーはコメント。

「でも、一番とても関心をしたのは、ホンダが去年よりもどんどん改善して、2つのパッケージ、2つのパワーユニットに用意していくれたことだ。そして、パフォーマンス面でもかなり進歩を果たしているし、信頼性がとてもテストの初めから高かった。とても良い状態だと思う」

ホンダのエンジンの経験があるピエール・ガスリーは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンやチームにその経験を共有していると語る。

「できるだけフィードバックをしようと思っているし、去年の経験を生かそうとしている。それにスーパーフォーミュラの経験もチームに伝えたいと思っているし、マックスとも共有している。経験を伝えてコミュニケーションを図っていこうと思っている。また、日本の文化で学んだことも共有しようとしている」

今シーズンの目標は、ドライバーとして成長し、できるだけ多くのポイントを獲得することだと語る。

「まだ2年目なので、まだ学ばなければならないことはたくさんあるけど、自分をどんどん成長させたい。過去にワールドチャンピオンを獲得しているチームだし、自分の成長のためにはベストな状況だと思う。できるだけポイントを獲得してポイントを獲得したい」とピエール・ガスリーはコメント。

「テストもとても良かったし、とてもポテンシャルの高い優れたパッケージなので、開幕戦でもできるだけたくさんのポイントを獲得したい。数戦を終えれば、何が達成できるかが見えてくると思う。でも、僕の状況ではシーズン前半でできるだけたくさんの経験を積んで、チームのために一番いい結果を出したいと思っている。目標はできるだけたくさんのポイントを獲得することだ」

F1バルセロナテストでは2度のクラッシュを喫してチーム迷惑をかけたピエール・ガスリーは「そういった失敗から常に学ばなければならない」とコメント。

「2週間の締めくくりとしてはベストではなかったけど、まずはプラスのところに集中して、ネガティブな部分には取り組み続ける。全体的なパッケージにね」

「最初のフィーリングはとても良かった。とてもクルマとして快適だったし、僕の仕事はそこでチームと協力してセッティグを詰めると言うこと、今はそれに集中している。まずはメルボルンに集中してできるだけポイントを稼ぎたい」

2年連続でF1日本GPをホンダのホームレースとして迎えるピエール・ガスリーは「本当にクレイジーなストーリーだ」とコメント。

「2017年に初めて日本に来たときにはトロロッソがホンダと組むことになるなんて予想もしていなかったことだし、今年はレッドブルがホンダにスイッチした。素晴らしいストーリーだと思う。すでにホンダの人たちのことは知っているので、家族の一員のように感じているし、本当に両手を広げて僕を迎えてくれて、頑張る気になる。また日本に戻ってこれたし、過去2年間を日本で過ごしてきたので、日本は大好きだ。カルチャーは素晴らしいし、日本に戻ってくるときはいつも素晴らしい時間を過ごしている」

「でも、最も重要なのはサーキットで結果を出すことだ。ファンのみんなに喜んでもらえれば僕も嬉しいし、それが一番やりたいと思っていることだ」

「去年の鈴鹿はとてもクレイジーだった。物凄いサポートを感じたし、トロロッソのファンがトラック中に溢れていて、空港に到着した初日から凄かった。日本のファンのみんなはポジティブなエネルギーをトラックに持ってきてくれる」

「今年はレッドブルのドライバーとしてより競争力が上がったパッケージになっているので、さらに結果で恩返ししたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | ホンダF1