F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
2019年にレッドブル・ホンダのドライバーを務めるピエール・ガスリーは、ルノーからホンダにF1エンジンを切り替える来季はレッドブル・レーシングにとってエキサイティングな一年になると考えている。

レッドブル・レーシングは、過去にダブルタイトルを4連覇したルノーとの12年間に及ぶパートナーシップを終了し、2019年からホンダとワークスパートナー契約を結んで、ホンダのF1エンジンを走らせる。

ピエール・ガスリーは、2017年にスーパーフォーミュラ、2018年にトロロッソ・ホンダでホンダのエンジンを走らせており、ホンダのF1エンジンについていくつかの専門知識を持っている。

「僕はこのプロジェクトを本当に信じているし、ホンダがどれくらい献身的に作業をしているかを見ることができる」とピエール・ガスリーは Sky News にコメント。

現時点で、ホンダのF1エンジンはメルセデスとフェラーリと比較してパフォーマンス面で遅れをとっているが、ピエール・ガスリーはそれほど長くその差が続くことはないと考えている。

「どこかの時点でそれは縮まると考えている。とにかく彼らに時間んを与える必要がある」とピエール・ガスリーは続ける。

「でも、レッドブルの経験、この本当に強力な2社のミックスによって、来年は本当にエキサイティングなことが待ち受けていると思う」

ピエール・ガスリーは、2019年からマックス・フェルスタッペンとチームを組むことになる。

「僕たちはホンダがどうなっていくかを見ていく必要もあるけど、本当に面白いものになると思う」とピエール・ガスリーは語る。

「レッドブルはシーズン終盤に勝利を争っていることを示した。マックスはメキシコで勝ち、ブラジルでも勝てたかもしれない」

「パッケージが機能しているのは明らかだ。勝てるクルマがあれば、彼はトップにいると確信している」

ピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンよりも18ヵ月年上だが、F1参戦暦でいえば、ピエール・ガスリーが26戦であるのに対し、マックス・フェルスタッペンは81戦を戦い、すでに5勝を挙げている。

ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・ホンダのセカンドドライバーの役割を果たすつもりはないとしつつも、上位チームへの移籍によって自分にはまだ学ばなければならないことがたくさんあると認める。

「僕はまだF1で2シーズン目でしかない。学ばなければならないことがまだたくさんあるし、まだ自分自身を向上させていく必要がある」

「でも、自分が速いことはわかっている。自分のスキル、クオリティを最大限に引き出す必要があるし、それだけでなく、自分が改善できるすべてのエリアに取り組んでいかなければならない」

「マックスに対してどれくらいやれるか見てみるつもりだ。彼は現時点で最も才能のあるドライバーのひとりだ。競争力のあるドライバーが隣にいるのはいつだって良いことだ」

「僕もそのレベルにいることを示すことが僕の仕事になるだろう。できるだけ彼を手こずらせて、ドライバーとしてできるだけ多く向上したい。来年どのような結果を出せるか見てみるつもりだ」

元F1ドライバーで、Sky Sports F1のコメンテーターを務めるマーティン・グランドルは、3強チームのレッドブル・レーシングに移籍することでピエール・ガスリーに対するメディアの注目は高まるが、ガスリーであればうまく対処すると期待していると語る。

「彼は非常に堅実な仕事をすると思う。彼に優れたスピードがあるのは疑いのないことであり、あとはそれをトップ3チームに求められる一貫性に繋げられるかどうかの問題だ」とマーティン・ブランドルはコメント。

「毎日、毎週末、結果を出さなければならない。彼にそれができるかどうか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | ホンダF1