F1 ピエール・ガスリー トロロッソ 中国GP 2018年のF1世界選手権
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1中国GPの決勝を18位で終えた。

前戦バーレーンでは4位入賞という結果を残したピエール・ガスリーだったが、今週末の上海では苦戦。17番グリッドからミディアムタイヤでスタートするという戦略をとったが、序盤からペースに苦労した。

終盤にはチームメイトのブレンドン・ハートレーと接触。フロントウイングを壊して緊急ピットインを強いられ、さらにその接触に10秒ペナルティが科せられ、15位でチェッカーを受けたものの最終順位は18位となった。

「今週末のレースウイークは土曜日の朝から上手くペースをつかむことができず、僕たちにとって難しい週末となった」とピエール・ガスリーはコメント。

「マシンのセッティングを合わせきれなかったため、予選走行後には簡単なレースにはならないことは予想していた。なぜバーレーンでは速く、上海では上手くいかなかったのか、この2つのレースを分析する必要がある」

「また、ブレンドン(ハートレー)にぶつかってしまい、彼には本当に申し訳ないことをしてしまった。チームの判断で2人のポジションを入れ替えるオーダーがあったので、バックストレートで彼がイン側を空けてくれるだろうと思い走行した。彼から見えていなかったのか、彼がインに寄った際にはすでに僕もイン側を走行していたので、回避できずに接触してしまった。マシンのフロントウィングにダメージを負いステアリングも曲がってしまったため、走行することが難しくなり、レース後半に時間をロスしてしまった」

「バクーまでに改善すべき点はたくさんあるが、馴染みのあるコースなので次戦が楽しみだ」

関連:【動画】 トロロッソ・ホンダ、チームメイト同士で接触 / F1中国GP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | F1中国GP