ヴィタリー・ペトロフ、ザウバーのシート獲得のために40億円を用意?

2013年10月25日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2014年にザウバーからF1復帰するとの噂が浮上している。

Auto Motor Und Sport は、ザウバーのシート獲得のためにヴィタリー・ペトロフが3,000万ユーロ(約40億3200万円)資金を用意した報道。後援企業のひとつは、ロシア国営天然ガス大手のガスプロム(Gazprom)だとみられている。

ヴィタリー・ペトロフ、巨額のスポンサーを持ち込み2014年にF1復帰?

2013年10月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、強力なペイドライバーとしてF1に復帰する可能性があると報じられている。

ヴィタリー・ペトロフの元マネージャーであるオクサナ・コサチェンコは、ペトロフが2014年のチームに提供するための2500万ユーロ(約33億2800万円)のスポンサーをもたらすと主張した。

ヴィタリー・ペトロフは、オクサナ・コサチェンコの発言を否定してはない。

ヴィタリー・ペトロフ、ソチとともに2014年のF1復帰を目指す

2013年8月5日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2014年のF1復帰にむけて新たな力を得られる可能性がある。

今年ケータハムのF1シートを失い、マネージャーのオクサナ・コサチェンコとも離れたヴィタリー・ペトロフは、F1キャリアを取り戻したければ、個人スポンサーが必要だと述べていた。

だが、ヴィタリー・ペトロフは、週末にロシアで開催されたDTMにメルセデスのチームシャツを着て姿をみせた。

ヴィタリー・ペトロフ、2014年のF1復帰に集中

2013年6月6日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、たとえマネージャーとロシアのスポンサーがいなくとも、2014年のF1復帰へ決意を固めている。

昨年末にケータハムのレースシートを失ったヴィタリー・ペトロフは、長年マネージャーを務めたオクサナ・コサチェンコと離別。現在、オクサナ・コサチェンコは、ケータハムのコマーシャルディレクターを務めている。

ヴィタリー・ペトロフ、オクサナ・コサチェンコと決別

2013年3月27日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、マネージャーを務めていたオクサナ・コサチェンコと決別し、自分でマネジメントを行っていることを明らかにした。

オクサナ・コサチェンコは、今年からヴィタリー・ペトロフの元所属チームであるケータハムにコマーシャルディレクターとして加入し、スポンサーの新規開拓を担当している。

オクサナ・コサチェンコ、ケータハムの営業部長に就任

2013年3月14日
オクサナ・コサチェンコ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコが、ケータハムのコマーシャルディレクターに就任した。

ヴィタリー・ペトロフは、今年ケータハムのシートを喪失したが、ロシアのスポーツマネジマント会社マニュスクリプト・エージェンシーは、オクサナ・コサチェンコがコマーシャルディレクターとしてケータハムの一員になったことがチームにより“確認された”と声明で述べた。

ヴィタリー・ペトロフ、2013年はラリー参戦を検討

2013年3月8日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2013年はラリーに参戦する可能性があることを明らかにした。

2010年にルノーでF1デビューし、昨年ケータハムに移籍したヴィタリー・ペトロフだが、十分なスポンサー支援を得られるに2013年のシートを失った。

「メインの関心は、2014年にF1に復帰することだ」とヴィタリー・ペトロフは MTV3 にコメント。

ロータス、CNBCとスポンサー契約

2013年3月8日
ロータス CNBC
ロータスは、CNBCと公式ビジネスメディアパートナー契約を結んだことを発表した。

CNBCは、アメリカのニュース専門放送局。今回の契約により、CNBCのロゴはE21のノーズ、ドライバーとピットクルーのオーバーオール、チームユニフォーム、パドック周りのブランディングおよびマーケティング資料に掲載される。

シート喪失のヴィタリー・ペトロフ、F1テストドライバーを狙う

2013年2月4日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるは、ケータハムがF1に留まる「唯一の可能性」だったことを認めた。

ケータハムは、2013年のF1ドライバーにギド・ヴァン・デル・ガルデを起用することを発表。ヴィタリー・ペトロフはケータハムのシートを失った。

「チームの決定については数日前に知っていました。我たちはそれを尊重しなければなりません」とオクサナ・コサチェンコはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム