ヴィタリー・ペトロフの2011年12月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ、2012年のF1残留を賭けて4チームと交渉

2011年12月14日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2012年もF1に残るために4チームと交渉していると Turun Sanomat が報じた。

ヴィタリー・ペトロフは、ロータス・ルノーGPと2012年の契約を結んでいたが、ロマン・グロージャンにシートを奪われるカタチで解雇された。

同紙は、かねてから噂されているマルシャだけでなく、ヴィタリー・ペトロフのマネジメントは、トロ・ロッソ、ウィリアムズ、HRTとも交渉していると報じた。

ヴィタリー・ペトロフ、年内に2012年の活動計画を発表へ

2011年12月13日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、年内にペトロフの2012年シーズンのプランを発表すると述べた。

ヴィタリー・ペトロフは、ロータス・ルノーGPと2012年の契約を結んでいたにも関わらず、GP2チャンピオンのロマン・グロージャンにシートを奪われた。

「まずなにより、この2シーズンの間にヴィタリーが受けたパートナーとファンの皆さんのサポートに感謝したいです」とオクサナ・コサチェンコは sportbox.ru に述べた。

ヴィタリー・ペトロフ、ロータス・ルノーGPと別離

2011年12月10日
ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフとチームとの間にはもはやなんの関係もなくなったことをほのめかした。

ロータス・ルノーGPは、2012年の2人目のドライバーとしてロマン・グロージャンを起用することを発表。2012年の契約があったにも関わらずシートを失ったヴィタリー・ペトロフは、リザーブドライバーの役割も検討されていないという。

ヴィタリー・ペトロフ、マルシャに移籍か

2011年12月8日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2012年にマルシャ(現ヴァージン)に移籍する可能性があるとロシアのメディアが報じている。

フランスの Toile F1 は、ロータス・ルノーGPがロマン・グロージャンと契約目前だと報道。

ヴィタリー・ペトロフは2012年の契約を結んでいるが、マネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは「フランスのメディアは、母国人をサポートするのがうまいですよね」と否定も肯定もしていない。

ヴィタリー・ペトロフ、ロータス・ルノーGP残留を切望

2011年12月5日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2012年もロータス・ルノーGPに残留することを切望。キミ・ライコネンと一緒にレースをするチャンスを楽しみにしている。

ヴィタリー・ペトロフは、2012年もロータス・ルノーGPと契約を結んでいるが、チームはブルーノ・セナ、ロマン・グロージャンといった異なるオプションを検討しているとされており、ペトロフのマネジメント側も条件次第ではチーム離脱の可能性があることをほのめかしている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム